日野市「21年度予算組めない」

 東京都・日野市の大坪市長は税収が増えず市の貯金を切り崩したため、財政が非常事態状態であることを発表しました。今後、市長らの給料を減額するなどして再建していく考えです。 日野市は2月25日、新年度一般会計予算案683億円のうち、財源が不足する76億円を市の貯金にあたる財政調整基金の切り崩しと借金で穴埋めをすると発表しました。財政調整基金は財源が余裕がある年度に積み立てるもので、市によりますと今回25億円を切り崩すことで残りは14億円になり、これまでの規模の予算案を編成できなくなるということです。 市は市長らの給料を5%から15%、年額およそ330万円を削減したほか市道の整備工事を中断するなどして、財政再建に向けて取り組んでいく方針です。