医療従事者にライトアップで感謝の気持ちを

 新型コロナウイルスの対応に当たる医療従事者に感謝の気持ちを表そうと、ライトアップが東京都内で行われています。 港区にある東京タワーはブルーに染まり、メインデッキにアルファベットで「ありがとう」の文字が作られています。これは感染リスクを抱えながらも懸命に働く医療従事者に感謝と敬意を伝えようと企画され、5月2日まで行われます。 また、港区のホテルは客室の窓を使ってハートマークが描かれています。一日も早い新型コロナウイルスの終息を願いつつ、地域の人にも元気を届けようと、ウインドーイルミネーションが行われています。終了時期は未定で、しばらくの間は毎晩見ることができるということです。