緊急事態宣言の延長要請、結論持ち越し 全国知事会

 全国知事会は4月29日、新型コロナウイルスの対策本部会合を開きましたが、緊急事態宣言の期間延長を国に求める緊急提言案について、この日の結論を持ち越しました。一部の知事から全国一律での延長を求めることについて慎重な意見が出たためです。東京都の小池知事は「東京の場合、まだまだ厳しい状況。緊急事態宣言の延長をお願いしたい」と話しています。 テレビ会議方式で行われた会議で、鳥取県の平井知事は「感染拡大が収まらない中で宣言が一部地域で解除されると、新たな人の流れが起きてしまう」と指摘し、当面は全ての都道府県を対象に宣言期間の延長を検討すべきと訴えました。このほか、特別措置法に基づく休業要請に応じない事業者に対し、法律の改正で罰則規定を設けるといった対策を強化することについても議論しました。