新型コロナ「抗原検査」を承認 30分以内で判定可能に

 厚生労働省は5月13日、新型コロナウイルスに感染しているかどうかを30分以内で判定する「抗原検査」の簡易キットを承認しました。検査の迅速化や件数の増加、さらに検査態勢の拡充が期待されます。 抗原検査が承認されたことについて日本医師会の横倉会長は、13日午後の会見で「有用性が高い」と期待感を示しました。