ベンチャー企業が無償提供 フェイスシールドを医療現場に

 新型コロナウイルスの影響で医療現場は逼迫(ひっぱく)し、医療用防護服などの不足が深刻な問題になっています。医療の現場を応援しようと、東京・中央区のベンチャー企業が取り組みを始めました。 このベンチャー企業は医療用の矯正器具や骨格模型を産業用の3Dプリンターで作っています。新型コロナウイルスの影響で逼迫する医療現場に貢献しようと、新たな製品の開発に乗り出しました。それが「飛沫(ひまつ)感染防止用のフェイスシールド」です。 無償で提供しているフェイスシールドのフレームは自社の3Dプリンターを使って製作しました。また、シールド部分は文具メーカーから透明性の高いクリアファイルの提供を受けました。交換ができるので、再利用することもできます。 商品テストは東京慈恵会医科大学の大木隆生教授との間で改良を繰り返し、手術でも安心して使用できるとお墨付きをもらいました。無償提供を始めた今でも医療現場の意見を反映し、20回以上もの改良をしています。1日に作れる数はおよそ100個ですが、全国の医療機関からはその数をはるかに超える1万6000個以上の申し込みが来ています。 要望に応えようと工場は毎日フル稼働していて、生産のための資金を調達しようと、クラウドファンディングも始めました。1週間ほどで最初の目標金額=500万円を達成しましたが、フェイスシールドの注文が増え続けているのに合わせ、目標金額を1000万円に引き上げました。代表の大野秀晃さんは「会社が存続する限り、フェイスシールドの製造と無償提供を続けたい」と話しています。