始業式以来の再会!分散登校始まる 東京・品川区

 東京・品川区の公立学校では授業再開に向け、5月25日から学年ごとの分散登校が始まりました。 品川区は6月から授業が再開されるのを前に、25日から学校生活に慣れるための登校日を設定しました。初日は4年生の登校日で、各学級を出席番号によって10人ほどのグループに分けて登校しました。前のグループが下校してすぐに教員が教室の消毒を行い、次のグループの登校に備えます。 6月からの授業再開後は当面、クラスを半分に分けて登校と家庭学習を交互に行うなど、学習は段階的に進めます。品川区では1週間前から在校生に向けて図書館や校庭の開放も始まっていて、今後は部活動についても段階的に再開していくことにしています。