キスの隙に現金盗んだか チュジニア人2人を逮捕

 キスをしている間に現金を盗んだとして、警視庁は男2人を逮捕しました。 強制わいせつと窃盗の疑いで逮捕されたのは、リタイヤム・アミン容疑者(21)、ズィヤニ・シラージュディン容疑者(24)の、いずれもチュニジア人の男です。 警視庁によりますと2人は4月4日深夜、東京・豊島区池袋の路上で20代の女性に声を掛けて胸を揉むなどのわいせつな行為をして、キスをしている隙に女性のリュックの中から現金1万円などが入ったカードケースを盗んだ疑いが持たれています。 調べに対し2人は「胸は揉んでいないが、カードケースを盗んで金を山分けしたのは覚えている」などと話し、容疑を一部否認しています。また「金がなくてやった」「同じような手口で新宿・歌舞伎町などでもやった」などと供述していて、警視庁は余罪があるとみて捜査を進めています。