東京都交響楽団が公演再開に向け試演

 2月26日のオーケストラコンサートを最後に公演を中止していた東京都交響楽団が、11日、12日の2日間、再開に向け試験的に演奏を行いました。 演奏が行われたのは、東京都交響楽団の本拠地上野公園内にある東京文化会館です。この演奏は、公演再開に備え楽団員の新型コロナウイルス感染リスクを抑えるため、全体的な音楽バランスを保ちつつ他の奏者との間隔を検証するため試験的に行われました。 通常のコンサートでは、およそ60センチあけて座る奏者間の間隔を、今回は前後左右の距離を2メートル、1.5メートル、1メートルと縮めながら、ノルウェーの作曲家エドヴァルド・グリーグによるホルベルク組曲など2曲をおよそ2時間かけ演奏しました。