築100年の建物でかき氷を堪能

 連日都内では猛烈な暑さが続いていますが、そんな中、築100年を超える有形文化財の建物で8月22日から期間限定のかき氷が堪能できるということです。強い日差しが降り注ぐこの暑さの中、一服の涼がとれるスポットが、東京・板橋区に登場!地元住民から愛される商店街の中で、ひときわ歴史を感じる建物。築100年を越え区の有形文化財に指定されている板五米店です。こちらの米店では22日から、かき氷の販売が始まりました。このかき氷は1日50食限定で8月の土日のみの販売だということです。