保育士ら2万3000人対象に一斉PCR検査へ 東京・世田谷区

 東京・世田谷区は、区内で勤務する全ての保育士や介護施設職員らおよそ2万3000人を対象に、新型コロナウイルスのPCR検査を一斉に行う方針を固めました。 区によりますと、一斉PCR検査の対象となるのは、区内で働く介護施設や保育園・幼稚園などの職員のほか、特別養護老人ホームなどに新しく入所する予定者で、発熱など症状の有無にかかわらず、無料で検査を受けることができます。費用はおよそ4億円で、区への寄付金など含め、全額を公費で負担する予定です。