「助けた人を探しています」とっさの救命に感謝状を… 東京・八王子

 東京・八王子市の駅ビルで、とっさの救命活動で急病人の命が救われる出来事がありました。東京消防庁の八王子消防署は的確な救命活動を行った4人に感謝状を贈ろうと、救助に関わった人を探しています。 8月15日午後4時ごろ、八王子市内の駅ビル「セレオ八王子」で20代男性が突然倒れて意識を失いました。そこへ1人の男性が駆け付け、すぐに心臓マッサージを始めました。さらに騒ぎを聞き付けて新たに男性2人も駆け付け、このうち1人はAEDを手にしていました。そこに女性が1人加わり、4人で交代しながら心臓マッサージを行ったといいます。救急隊員が到着した時には倒れた男性の意識は回復していて、その後病院に搬送され、無事、一命を取り留めました。 八王子消防署は救命活動をした4人に感謝状を贈る予定ですが、このうち男女1人ずつは名前などを告げずにその場を離れたため、まだ見つかっていません。消防署は2人を探しています。■東京消防庁八王子消防署 電話042−625−0119