東京・渋谷で「未来の福祉」提案する展示会

 渋谷ヒカリエで「未来の福祉」を提案する展示会が始まりました。 この展示会は障害者をはじめとしたマイノリティーや、福祉そのものに対する心の障壁を取り除こうと、2014年から「未来の福祉」を提案しています。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、初のオンラインでの開催となりました。配信会場となる渋谷ヒカリエでは、視覚障害がある人のために文章を読み上げるスマートフォンの無料アプリや、従来のものよりもコンパクトになった最新の電動車いすなどが展示されています。 オンライン展示会は9月8日まで開かれています。