結愛ちゃん虐待死事件 母親の控訴を棄却、懲役8年

 2018年に東京・目黒区で船戸結愛ちゃん(当時5)が虐待を受けて死亡した事件で、母親の控訴審の判決が9月8日に出ました。 この裁判は船戸優里被告(28)が2018年3月、長女の結愛ちゃんに十分な食事を与えなかったほか、夫の雄大受刑者(35)の暴行で極度に衰弱した結愛ちゃんを病院に連れて行かずに死亡させた罪に問われているものです。父親の雄大受刑者は2019年10月に懲役13年の実刑判決を受けて、現在服役中です。一方、母親の優里被告は一審で懲役8年の実刑判決を言い渡されましたが控訴していました。弁護側は優里被告が夫からのDV被害があって心理的支配を受けていたことや、結愛ちゃんに暴力を加えていないことなどを挙げ、量刑の見直しを訴えました。 8日の東京高裁での判決に優里被告は法廷に出廷せず、午後2時すぎから判決が言い渡されました。判決で若園敦雄裁判長は優里被告が心理的DVの影響で雄大受刑者の意向に従ってしまったことを認めた上で「逆らうことを全く許さないような強固なものではなかった」と指摘し、控訴を退け、懲役8年を言い渡しました。