党役員・閣僚人事に「菅カラー」は? 「ドブ板選挙の達人」初入閣へ

 9月16日に行われる組閣を前に「菅内閣」の顔ぶれが固まりつつあります。一方、自民党の役員人事は派閥に配慮したものとなりました。 自民党の役員人事について二階幹事長と森山国対委員長は再任され、総務会長に佐藤勉元総務相、政調会長に下村博文元文科相、選挙対策委員長に山口泰明・組織運動本部長が就任しました。総裁選で菅総裁を支持した5つの派閥からベテランを1人ずつ起用した布陣となりました。 また、組閣に向けた閣僚人事も本格化しています。衆院東京17区選出の平沢勝栄・党広報本部長の初入閣も固まりました。現在75歳の平沢氏は当選8回・二階派のベテラン議員で、平沢氏が東大生の時には当時小学生だった安倍首相の家庭教師を務めていました。