豪雨を乗り越え「落花生焼酎」が完成

 豪雨被害に襲われた千葉県と熊本県が連携し、それぞれの名産品を掛け合わせて完成した「落花生焼酎」のお披露目が21日に東京・大田区で開かれました。 2020年7月、熊本県を中心に大きな爪痕を残した九州豪雨。いまだ復旧作業が続く熊本県の復興支援として、2019年に台風の被害を受けた千葉県と連携し落花生から作った焼酎の完成セレモニーが開催されました。 焼酎は災害復興の絆に華やかに飲んでほしいという思いから「絆華(きのはな)」と名付けられました。  この復興支援マルシェは「羽田イノベーションシティ」で22日まで開催されています。