池袋暴走事故 初公判を前に…遺族の思い

 2019年に東京・池袋で車が暴走して親子2人が死亡した事故で、運転していた男の初めての裁判が10月8日に開かれます。初公判を前に、事故で妻と娘を一度に亡くした松永拓也さんが今の気持ちを語ってくれました。世間に大きな衝撃と影響を与えた事故の裁判が始まります。 2019年4月19日、豊島区東池袋で暴走した車が通行人らを次々とはねました。この事故で松永真菜さん(当時31)と娘の莉子ちゃん(当時3)が亡くなり、8人がけがをしました。 車を運転していたのは、旧・通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三被告(89)です。警視庁によりますと、飯塚被告が運転していた車は真菜さんと莉子ちゃんの2人をはねた時、時速は90キロ台後半まで上がっていたということです。 飯塚被告は事故当時「アクセルが戻らなくなった」「ブレーキが利かなかった」と話していましたが、その後の調べに対し「ブレーキとアクセルを踏み間違えた可能性がある」と説明しているということです。 妻と娘を亡くした松永拓也さんはいくら時間がたっても消えることのない悲しみを抱えながらも、2人の命を無駄にしないために事故の再発防止を呼び掛ける活動を続けてきました。 事故から1年半を迎える中、注目の初公判は8日午前10時から開かれます。