池袋暴走事故 「車に異常」と無罪を主張

 2019年4月に東京・池袋で車が暴走して親子2人が死亡した事故の裁判が始まりました。被告の男は「車に異常があった」と主張し、起訴内容を否認しました。 事故から1年半がたつ中、注目の初公判をようやく迎えました。スタジオには事故当時から取材を続け、初公判を傍聴した記者に話を聞きました。法廷内の様子や検察側・弁護側それぞれの主張、遺族の会見の内容などをまとめました。