台風14号 上陸しなくても大雨に警戒を

 強い台風14号は10月9日夜、勢力を保ったまま四国の南の海上を北寄りに進んでいて、10日にかけて西日本に接近し、11日未明には東日本に接近する恐れがあります。本州に上陸する可能性は低くなったものの、気象庁は高波や暴風、土砂災害に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水や河川の氾濫に警戒するよう呼び掛けています。 気になる台風14号の今後の進路や注意点を、気象予報士の三ケ尻知子さんに聞きました。動画でご覧ください。