座間9人殺害事件 6人目も承諾を否定

 神奈川県座間市で女性8人と男性1人の切断された遺体が見つかった事件の裁判員裁判が東京地裁立川支部で開かれ、6人目の被害者となった福島市の女子高校生(当時17)の審理が行われました。白石隆浩被告(30)はまたも「承諾はなかったと思う」と、殺害の承諾を否定しました。 神奈川県座間市のアパートで2017年8月から10月、男女9人を殺害して現金を奪ったとして、無職・白石隆浩被告が強盗殺人などの罪に問われています。9月末に始まった裁判は公判14日目を迎えました。 今回の裁判で争点になっているのが「殺害の承諾があったかどうか」です。白石被告はこの日の被告人質問でも「寝ている状態でいきなり襲い掛かったので、承諾はなかったと思っている」と述べ、6人目の被害者についてもこれまで同様、承諾があったことを否定しました。ただ、弁護側は「直接的に言ってはいないが、被害者に殺害の同意はあった」と主張して、被告と弁護側で意見が食い違っています。 一方で6人目の審理で、白石被告が今までの5人とは違った対応をしていたことが明らかになりました。白石被告はこれまでの被害者に対しては離れて歩き、接点を残さないようにしたり携帯電話を捨てさせて失踪を装わせたりしたこともありました。しかし6人目の被害者とは、一緒に買い物をしている姿が目撃されています。これについて白石被告は「5人殺害しても警察が来ず、もう大丈夫だと思った」と述べました。 精神科医の竹内今日生さん(ひびきメンタルクリニック・理事長)に、これまでの発言や裁判での立ち居振る舞いを基に、白石被告の人柄について分析してもらいました。動画でご覧ください。