保育園で食中毒 原因は「だしパック」?

 東京都は11月11日、東京・墨田区の保育園で給食を食べた1〜6歳の園児28人の腕や顔に発疹などの症状が出たと発表しました。都の福祉保健局が調査したところ、給食メニューにあったきつねうどんのスープから検出された「ヒスタミン」が原因の食中毒だと分かりました。 ヒスタミンによる食中毒は、食べた直後から1時間程度で顔や口の周りが赤くなったりじんましんなど肌に症状が出る場合が多く、頭痛や発熱などの症状が出る場合もあります。 今回のきつねうどんの汁には「だしパック」が使われていました。普段の調理にもよく使われるだしパックでなぜ、食中毒が起きた可能性が指摘されているのでしょうか。その理由を探り、分かりやすくまとめました。動画でご覧ください。