渋谷区の無観客イベント オンライン配信で盛り上がり

 東京・渋谷区の宮下公園では、東京パラリンピックの開催に向けた文化イベントが開かれています。 新型コロナの影響で急遽、無観客イベントとなりましたが、オンライン配信を活用することで、どこでも会場の雰囲気を楽しめる工夫がされています。 イベントは予定通り進められ、ステージではアコーディオン奏者の新居草太さんによる演奏や、東京2020公式アートポスターを手掛けた書道家の金澤翔子さんによる書道パフォーマンス、そして子どもたちのチアダンスが、イベントを彩っていました。 注目は32カ国、500人の笑顔をまとった直径10メートルのドレスのファションショーで会場内は華やかな雰囲気に包まれていました。 区の担当者は「オンライン配信でも家で十分楽しめます」と話していました。 配信は11月22日まで行われます。