五輪モニュメント お台場に帰ってきた!

 東京オリンピックを盛り上げようと設置されていたモニュメントが、4カ月ぶりに再び東京湾・お台場の海に帰ってきました。 オリンピックシンボルのモニュメントはことし1月にお台場に設置されました。しかし新型コロナウイルスの影響で大会の延期が決まった後の8月にモニュメントを造った横浜市内の工場にいったん戻され、一部を解体してパーツの劣化状況の確認などが進められていました。 大きさは横およそ33メートル・縦およそ15メートル・重さ69トンほどで、東京都はモニュメント設置によって、延期となったオリンピックとパラリンピックの機運を再び盛り上げたい考えです。モニュメントは2021年8月8日のオリンピック最終日まで展示される予定で、毎晩ライトアップされます。