新スタイルの電動バイク日本上陸

 12月5日、東京・千代田区の神田明神でハーレーダビッドソンの展示会が開れています。 音が特徴のアメリカの有名バイクメーカー、ハーレーダビッドソンですが、この度「ヒュイーン」と飛行機のような音を奏でる電動バイクを発表しました。 この音は、ハーレーが独自に研究したもので「抑揚感を楽しめる運転」を目指したと言います 今回発表した電動バイクの大きな特徴は、約3秒で時速100キロを出せる加速力。 担当者は従来のエンジンから電動に移行することにより、環境への負担を減らすほか、新スタイルのバイクをもっと幅広い人に知って欲しいと話しました。 ハーレーダビッドソンの展示会は6日まで開かれています。