王子神社で熊手市開かれる 今年はコロナ対策も

 東京都北区にある王子神社で毎年恒例の熊手市が開かれました。 今年は、新型コロナウイルス対策として境内への入場制限や消毒のほか「かけ声」もボリュームを下げ感染対策を徹底しました。 並んだ熊手は、来年の干支である「丑」のほか「おかめ」や「招き猫」など趣向を凝らしたものもあり、境内は華やかな雰囲気に包まれました。 気になるお値段は千円から数十万まであるという熊手ですが、買い求めた人は「熊手で悪いことを払って良いことを書き入れたい」という人や、「子どもが生まれ お姉ちゃんと元気に過ごせるよう来年は良い年にしたい」という母親もいました。  王子神社の熊手市が終わると、まもなく年の瀬です。