豊島区の遺体遺棄事件 面識なし…首を絞められ窒息死か

 9月から行方不明になっていた東京・豊島区の35歳の女性の遺体が栃木県内で見つかった事件で、女性は窒息死の可能性が高いことが分かりました。 この事件は栃木県那須町の別荘地に豊島区の会社員・富塚沙織さん(35)の遺体を埋めたとして、死体遺棄の疑いで近所に住む保育士・佐藤喜人容疑者(29)が逮捕されたものです。これまでの調べで、佐藤容疑者は「金を奪うつもりで自宅に侵入したが抵抗され、ひもで首を絞めて殺害した。スコップで掘って、別荘の敷地内に埋めた」と供述しているということで、容疑を認めています。その後の捜査関係者への取材で、富塚さんの死因は頸部(けいぶ)圧迫による窒息死の可能性が高いことが分かりました。 富塚さんは9月24日、職場に「風邪をひいたため休む」と電話で連絡した後、翌日から無断欠勤していて、行方が分からなくなっていました。富塚さんの自宅の鍵は開いていて、自宅からキャリーバッグがなくなっていました。一方、防犯カメラには佐藤容疑者とみられる男がキャリーバッグを持って歩く姿が写っていました。 富塚さんの部屋の鍵は佐藤容疑者の関係先から見つかっていて、佐藤容疑者は「殺してから奪った」と供述しているということです。2人の自宅はおよそ600メートル離れていて、面識はなかったとみられています。警視庁は殺人の疑いも視野に入れ、動機などを調べています。