かわいい!赤ちゃんゾウの名前が投票で決定 東京・上野動物園

 東京・台東区にある上野動物園で初めて生まれたゾウの赤ちゃんの名前が決まりました。 母親「ウタイ」と父親「アティ」の間にことし10月に生まれた雄のアジアゾウの赤ちゃんは、12月から一般公開が始まりました。上野動物園は赤ちゃんゾウの名前をタイ語で「太陽」を表す「タワン」、「夜明け」という意味の「アルン」、「夕日」を表す「アッサドン」の3つの中から投票を行いました。そして、2万票以上の投票が集まる中、結果はおよそ1万2000票を獲得したアルンとなりました。 アルンはすくすくと成長し、お母さんゾウの体の下を走り回ったり体をすり寄せたりとかわいらしい姿を見せています。アルンの公開は午前9時半から午後3時で、上野動物園の入場には現在、事前予約が必要となっています。