宣言後 初の週末を迎えた繁華街の様子は

 首都圏1都3県に緊急事態宣言が出てから、初めての週末を迎えたことにより都内の動きに変化が見られるようになりました。 都心の繁華街である、銀座の歩行者天国では、普段よりも人出は少ないように見受けられ、いつもとは違う賑わいが見受けられました。銀座に仕事で来た人も「いつもの半分ぐらいの人出」と話す人や、緊急事態宣言を受けたものの「病院が銀座の近くにあり、どう行動すればよいか」と、仕事や生活面で戸惑う声が聞かれました。 一方、渋谷駅前のスクランブル交差点の人出は、普段とは大きく変わらない様子にも見えます。しかし駅からほど近い映画館では、大ヒット中の映画の上映があるにも関わらず空席が目立ち、緊急事態宣言の影響が伺えます。また、若者や観光客で賑わいが見られる浅草ですが、通りにある飲食店でも緊急事態宣言を受けたことで、時短営業や休業のお知らせが目立つようになりました。