コロナ対策で上野恩賜公園で花見制限

 3月6日、東京都は新型コロナウイルス感染対策として、園内の一部にネットをかけて人の出入りを制限する作業が始まりました。 ネットが設置されたのは、上野公園の桜の名所でもある「さくら通り」のうち、約100メートル分です。 すでに上野恩賜公園では園内の駐車場や運動施設を閉鎖しており、感染予防の取り組みをさらに広げたいということです。 5日の小池知事も会見で、今年も花見の禁止など徹底した感染拡大防止に努めたいと語り、今回の制限対処もその一環となります。 都の担当者によりますと、都内の新規感染者数の平均が前週に比べ増え、公園利用の控えるきっかけをつくることで、人の流れの抑制をさらに強めたいということです。 この立ち入り制限は、お花見のピークが過ぎた4月中旬頃に解除する予定とのことです。

×