住みたい街ランキング発表 注目は墨田区の「錦糸町」

 毎年恒例となっている関東の「住みたい街ランキング」2021年版が発表されました。「今後注目の街」に東京・墨田区の錦糸町がランクインしました。 関東圏に住む20代から40代の男女7000人を対象に毎年行われるアンケート調査で、今年の1位は4年連続で「横浜」が獲得しました。東京都内の街では2位の恵比寿などベストテンの中に7つの街がランクインしました。 そんな中、「今後注目の街」として名前が挙がったのが墨田区の「錦糸町」です。理由として、JR総武線と東京メトロ半蔵門線が乗り入れ、お隣の押上駅からは別の路線も利用できるため、アクセスが抜群に良い点が挙げられます。また、駅周辺には人気の商業施設・オリナス錦糸町などが立ち並び、買い物に便利な点を挙げる人も多いようです。近くには緑豊かな錦糸公園はじめ、公園が多く点在し、人々の憩いの場となっています。周辺では今後、高層マンションが続々と建設される予定です。 SUUMOの池本洋一編集長は「親しみやすさを残しつつ、再開発でより便利に」というのが、錦糸町を「今後注目の街」に選んだ理由だと話しています。全てのランキングはSUUMOのホームページで確認できます。