大阪「あべのハルカス」あべのハルカス近鉄本店で店員2人がはしか感染 注意呼び掛け

記事まとめ

  • 大阪「あべのハルカス」で、女性店員2人がはしかに感染したことが分かった
  • 大阪市は、売り場を訪れた人などに注意を呼びかけている
  • はしかは感染力が強く、高熱のほかに全身の発疹や、重症化すると死亡する場合も

大阪「あべのハルカス」の女性店員2人がはしか 売り場を訪れた人などに注意呼びかけ

大阪「あべのハルカス」近鉄本店のバレンタインフェアで働いていた女性2人がはしかに感染していたと分かり、大阪市は売り場を訪れた人などに注意を呼びかけています。はしかは感染力が非常に強く、高熱のほかに全身に赤い発疹が出て、重症化すると死亡する場合もあります。

麻しん(はしか)患者の発生に伴う注意喚起について