ニュース番組の生放送中にレポーターがマイクを強奪される事件がロシアで発生 「“操作されたメディア”に対する抗議行動」「ニュースキャスターが無表情なのが笑える」

ニュース番組の生放送中に、天気担当レポーターがマイクを強奪される事件がロシアで発生しました。事件の一部始終を捉えた映像がSNSで拡散され話題となっています。


https://twitter.com/Ozkok_A/status/1377916653846036480

衝撃映像がこちらです。犯人の姿がはっきりと捉えられています。

マイクを奪われたレポーターが逃走する犯人を追いかけていきます。

ニュースキャスターは1ミリも動じることなく別のニュースへと番組を進行します。

犯人確保後、マイクを取り戻したレポーターは「まさに犬の散歩にぴったりの天気です」と見事なコメントでお天気レポートをまとめました。

この動画を観た人たちからは次のような声が集まっています。

・カメラマンがいい仕事したね
・ニュースキャスターが無表情なのが笑える
・笑いもしないニュースキャスターのプロ根性
・プーチン流のメディアへの圧力?
・KGBが訓練した犬か?
・ハプニング映像を撮り続けるカメラマンも大したプロ根性の持ち主だ
・ニュースキャスターの女性が冷静すぎる
・犬に罪はない
・プーチンが飼ってる犬でしょ
・“操作されたメディア”に対する抗議行動
・仕事中の予期せぬ追いかけっこは楽しいよね
・犬にだって言論の自由はあるのだ
・このニュースキャスターは絶対犬が嫌いな人だな

※画像:
https://twitter.com/Ozkok_A/status/1377916653846036480
https://www.youtube.com/watch?v=EAo3FCen_vE

(執筆者: 6PAC)

×