オオカミの赤ちゃんによる初めての遠吠え 「癒される動画だなあ」「遠吠えにしては随分と可愛いわね」

米ミネソタ大学が行っているオオカミの生態研究プロジェクト「Voyageurs Wolf Project」が、生後4週間のオオカミの赤ちゃんが生まれて初めて遠吠えする映像をYouTubeで公開しています。

The first howls of a wolf pup in the Northwoods of Minnesota(YouTube)
https://youtu.be/hbq7TEtqH1E

この映像はミネソタ州北部のボエジャーズ国立公園周辺で撮影されました。この地域にはオオカミだけでなく、オオヤマネコ、ツキノワグマ、ボブキャット、コヨーテ、フィッシャー、ヘラジカ、シカ、カンジキウサギといった様々な野生生物が生息しています。

小さいながらも一生懸命遠吠えに挑戦。

まだ幼いからか遠吠えというより鳴き声のようにも聞こえます。

この映像を観た人たちからは次のような声が寄せられています。

・心地良い遠吠えだ
・「ママー!」って言ってるように聞こえるけど
・体小さいのに結構なボリュームだね
・遠吠えにしては随分と可愛いわね
・子犬にしか見えない
・「みんなどこ行ったの? ボクはここだよ」という遠吠え
・この動画観てたらウチの犬が挙動不審になった
・癒される動画だなあ
・お母さんとはぐれちゃった?
・この遠吠えを聞いたウチのネコが警戒モードに突入したよ
・群れを探してるんだね
・お母さんはどこいったんだろう
・あまりの可愛さに死にそうになりました

※画像:YouTubeより引用
https://www.youtube.com/watch?v=hbq7TEtqH1E

(執筆者: 6PAC)