コカ・コーラやディズニー、海外企業の心温まるクリスマス広告 5選

イギリス企業を中心に今年も数多くの企業がクリスマス広告を公開しています。

家族が集まるのがクリスマスということもあり、どれも心温まる内容のものとなっています。

Imaginary Iggy | Christmas | McDonald’s UK(YouTube)
https://youtu.be/NRFSj3UC5jk

マクドナルドUKのクリスマス広告。「タイム・アフター・タイム」に乗せて、少女の成長過程が描かれています。

Coca-Cola | Chimney | Real Magic(YouTube)
https://youtu.be/VcIK6yVJQvE

コカ・コーラのクリスマス広告。煙突のない集合住宅の住民が手作りの煙突を作っていく物語。最後は住民全員でクリスマスディナー。

THE STEPDAD | Disney Christmas Advert 2021 | Official Disney UK(YouTube)
https://youtu.be/k620f8tV5PI

ディズニーUKのクリスマス広告。アジア系の子どもたちとアフリカ系の義理のお父さんが家族の絆を深めていくお話です。

Unexpected Guest | John Lewis & Partners | Christmas Ad 2021(YouTube)
https://youtu.be/ZTttgc0DPA4

イギリスの百貨店ジョン・ルイスのクリスマス広告。地球の普通の少年とエイリアンの少女の友情を描いた2分間のショートストーリー。

A Christmas to Savour | Sainsbury’s | Christmas 2021(YouTube)
https://youtu.be/C7_I8fNhhOo

イギリスの大手スーパーマーケット、セインズベリーのクリスマス広告。テーブルの上にこれでもかと並ぶクリスマスディナーに目を奪われます。

※画像:YouTubeより引用
https://www.youtube.com/watch?v=VcIK6yVJQvE

(執筆者: 6PAC)