「ボールが飛んでいく軌道が美しい」「インパクトの瞬間の音がいいよね」 ヘリコプターのブレードを金属バットにして色々なモノをかっ飛ばしていく動画

チャンネル登録者数796万人を誇るオーストラリアの人気YouTuber集団「How Ridiculous」が、ヘリコプターのブレードを金属バットにして色々なモノをかっ飛ばしていく動画を公開しています。

250kph Baseball Bat Helicopter Vs. Watermelon (13,000fps Slow Mo)(YouTube)
https://youtu.be/dpLEepZ4Khk

ブレードが金属バットになったヘリコプターがこちらです。時速250キロで金属バットが回転しています。

可能な限り遠くまでかっ飛ばすつもりで用意された品々。

かっ飛ばす前に完全に粉砕されてしまったじゃがいも。スイングスピードが時速250キロなので当然の結果なのかもしれません。

ジャスミートされたボール。

飛距離は167メートル。大谷翔平選手の特大ホームラン以上の飛距離となりました。

YouTubeのコメント欄には次のような声が寄せられています。

・インパクトの瞬間の音がいいよね
・この人たちの動画にハズレなし
・スローモーションがいいね
・そりゃ粉々になっちゃうよな
・ダーツを試して欲しかった
・ドローンで撮影した部分が特にいい
・バットコプター
・当然このヘリは空飛べないんだよね
・面白いなあ
・ボールが飛んでいく軌道が美しい
・これこそエンターテイメント動画

※画像:YouTubeより引用
https://www.youtube.com/watch?v=dpLEepZ4Khk

(執筆者: 6PAC)