2万5000個のレゴブロックで再現した『ゼルダの伝説』のマップ 「博物館に展示されるべき作品」「レゴの伝説」

2万5000個のレゴブロックを使用して、1986年に発売された初代『ゼルダの伝説』のマップを再現した動画がYouTubeで公開されています。

Zelda Map Made of 25,000 Lego Bricks(YouTube)
https://youtu.be/IpYrOR_N8_M

30.2インチ(約76.7センチ)×85.7インチ(約217センチ)というサイズのハイラル全体マップには、2万5000個のレゴブロック、2779本の木、493体の敵キャラが使用されています。

動画を公開したイアン・ルースマさんは、このマップをレゴアートとして自宅の壁に飾っているそうです。

SNSには次のような声が集まっていました。

・ダンジョンのマップも作って欲しいな
・芸術としかいいようがない
・博物館に展示されるべき作品
・大昔の記憶が蘇った
・カメラの動きもゲームと同じ
・こういうマップは初めて見た
・リアルゲーマー
・レゴの伝説
・才能もゼルダに対する愛情もありすぎでしょ
・レゴでこんなの作っちゃうなんて信じられない
・すっごいね
・ゲームに対する愛がないと完成させられないよね
・なんならレゴと任天堂がタイアップして『ゼルダの伝説』をリメイクして欲しい

※画像:YouTubeより引用
https://www.youtube.com/watch?v=IpYrOR_N8_M

(執筆者: 6PAC)