Switch版『GetsuFumaDen: Undying Moon』をプレイ! / ガジェット通信LIVE第52回 放送後記

ガジェット通信の編集部メンバーによるYouTube / TwitterのLIVE配信「ガジェット通信LIVE」第52回は、2月10日にリリースされたNintendo Switch版『GetsuFumaDen: Undying Moon』をプレイしました!

昨年5月にSteamでアーリーアクセス版としてリリースされた同作は、ファミコン向けアクションゲーム『月風魔伝』が発売された1987年以来、実に35年ぶりとなるシリーズ最新作。前作の世界観を引継ぎつつ、ローグライク2Dアクションのゲームジャンルを採用しています。

主人公の月風魔(げつふうま)を操作して武器を強化しながら地獄を探索。敵に負けるとアイテムがリセットされてやり直しとなるため、アーリーアクセス期間の初期にプレイした配信では、「難易度が高めで、なかなか歯ごたえがありそうだぞ……」と思っていたのですが、その後アップデートを重ねて、諦めずに周回プレイしたくなる絶妙なゲームバランスに到達。また、アーリーアクセス期間に追加された難度「修練者」なら初心者でも安心して楽しめそうです。

刀、戦傘、槍などの武器ごとに異なる浮世絵風の剣戟アクションが最高に格好良く、さまざまな武器を集めて試してみたくなりますよ。

ガジェット通信では別途レビュー記事を掲載しているので、そちらもあわせてチェックしてみてください!

次回2月25日(金)の「ガジェット通信LIVE」は、ソーダストリームの新モデル「TERRA」の発売にちなみ、炭酸水の可能性について考えまくる放送をお送りする予定です。

https://twitter.com/getnewsfeed/status/1494627895112712194

https://youtu.be/SgZYRz2Anh8

関連記事(外部サイト)