大正12年築の銀行跡地がビアバーに! 米国クラフトビール「ブルックリン・ブルワリー」世界初の旗艦店・日本橋兜町に2月1日よりオープン

米国の代表的なクラフトビールメーカー、ブルックリン・ブルワリー社。

世界初の旗艦店となるフラッグシップ店「B(ビー)」が東京・日本橋兜町に2020年2月1日(土)よりオープンします。2019年12月19日に行われた発表会の様子をご紹介します。

アメリカのクラフトビール「ブルックリン・ブルワリー」世界初の旗艦店が2月1日より日本橋兜町にオープン

店舗がオープンとなる場所は東京、日本橋兜町。

日本橋兜町は、明治以来、日本で初めて銀行や証券取引所などを起こしたことから、「コト始めの街」「投資の街」「証券の街」としての地歴を有する地。風格のある重厚な建物です。

なお「ブルックリン・ブルワリー」のフラッグシップ店は世界初の出店。地下へ入っていくと

「B」では、ブランドの基幹商品に加え、ここでしか飲めない直輸入ビールやオリジナルビアカクテルなど多種多様なビールが堪能できます。

ドリンクは以下のライナップが予定されているのだとか。

<ドリンク>★:期間限定品 ★:「B」オリジナルビアカクテル
1 『ブルックリンラガー』:ニューヨーク No.1 クラフトブルワリーが誇る王道ラガー。
2 『ブルックリンソラチエース』:北海道空知郡オリジンのホップの香りが個性的なセゾン。柑橘の明るい香りが特長。
3 『ブルックリンディフェンダーIPA』:トロピカルな香りとしっかりとした苦味が楽しめる、遊び心たっぷりなトロピカルな香りのIPA。
4 『ブルックリンベルエアサワー』:フルーツやスイーツとも相性の良い、爽やかな酸味が特長のサワーエール。
5 ★『ブルックリンサマーエール』:ブルックリンの夏を感じられる、明るく華やかな香りと夏にぴったりな爽快感が特長のペールエール。
6 ★『ブルックリンウィンターラガー』:冬季限定のダークラガー。コクがありチョコレートを思わせるノートに、ドライな後味。
7 ★『ブルックリンロゼデヴィル』:ラズベリー由来のエレガントな酸味やスウィートな味わいを楽しめるサワーエール。
8 ★『Organic Ginger & Mint』:「ブルックリンソラチエース」、有機ジンジャー、オレンジ、レモンシロップ、ミントが原材料。
ジンジャーとミントがソラチエースの華やかな香りを引き立たせたビアカクテル。
9 ★『Organic Framboise & Basil』:「ブルックリンベルエアサワー」、フランボワーズ、ストロベリー、白ワイン、カリブシロップ、バジルが
原材料。「ブルックリンベルエサワー」とフランボワーズの酸味が融合した、フルーティーで爽やかなビアカクテル。

現在、店舗は7割程度完成しているそう。来年のオープンが待ち遠しいですね。

発表会の様子の動画はこちら。

「ブルックリン・ブルワリー」フラッグシップ店「B(ビー)」概要

1. 店名:「B(ビー)」
2. 開業:2020年2月1日(土)
3. 場所:東京都中央区日本橋兜町3-5 「K5」 地下1階
4. 営業時間:16:00~23:00 年中無休(変更の可能性あり)
5. 席数:120席
6. 内容:
  「ブルックリンラガー」、「ブルックリンディフェンダーIPA」などの
  「ブルックリン・ブルワリー」ブランドの基幹商品の販売
  米国ブルックリン・ブルワリー社から直輸入するバラエティー商品の販売
  オリジナルグッズ販売
  店内コンテンツ(音楽、グラフィック、イベント等)の展開
7. 店舗 URL:http://www.brooklynbrewery.jp/(ブランドサイト 1月下旬に情報公開予定)

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)