なんか愛犬が騒がしいと思ったら……「最後にちょこっと吠えたのは恥ずかしいから?」

愛犬の様子がいつもと違う時って、なんらかの異変が起きている時だったりします。

アメリカ人俳優のチャールズ・エステンさんの愛犬ロッキー君が、いつもと違った吠え方をしていた理由とは?

https://twitter.com/CharlesEsten/status/1228117683440422912
「子犬のケージのほうからいつもより大きく吠えているのが聞こえたので、見に行ってみた。ロッキーが兄弟のライマンを助けてあげてと教えてくれた」というツイートと投稿されたのがこちらの動画です。

何がどうしてこうなったのかはわかりませんが、ライマン君が何かのボトルに頭を突っ込んでしまいました。この状態では自力で抜け出せませんね。尻尾を振っているのは「助けて」のサインなのでしょうか。

この動画を見た人たちからは、以下のような声が寄せられています。

・めっちゃウケた。でも、ロッキーが警告しなかったらライマンは窒息してたかもしれない。いい兄弟がいて良かったね
・容器に顔突っ込んでいてもハッピーなんだね。見てよ、この尻尾
・尻尾振ってるし、最後には控え目に吠えるし
・最後にちょこっと吠えたのは恥ずかしいから?
・大事にならなくてなにより
・家族に一人はこういう子がいるよね
・ライマーーーン!
・笑いが止まらない
・みんなに笑われて可哀そうなライマン

人間も犬も幼いうちは目が離せませんね。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/CharlesEsten/status/1228117683440422912

(執筆者: 6PAC)

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』