車と同じくらい速く走る動物の正体は? 「ソニックかよ」「プンバァは実在した!」

“車と同じ位速く走れる動物”というと、チーターとかを連想してしまいます。

チーターなどが生息していない米アリゾナ州ツーソンで、車と同じ位のスピードで疾走する動物が撮影され、話題となっています。

地元テレビ局のレポーター、ハンナ・ティエドさんが投稿した映像です。すごいスピードで疾走するこの動物の正体はペッカリー(ヘソイノシシ)というイノシシの仲間です。北アメリカや南アメリカが主な生息地となっています。

ペッカリーがこれほどまでにスピーディーな動物だと知らなかった人たちから、数多くのコメントがSNSに寄せられています。

・無茶苦茶速いね
・パルクール?
・ソニックかよ
・こんなに速く走れるとは知らなかった
・モンスターボールを投げたくなる
・ゆっくりいこうよ。人生は短距離走じゃなくてマラソンなんだから
・プンバァみたい
・オリンピックに出場できそうな走り方
・これってアリゾナのツーソンでは当たり前の光景なの?
・美しいランニングフォームだ
・ツーソンでは野生のブタがあちこち走り回ってるよ
・プンバァは実在した!
・地元のスポーツチームのマスコットになれるな

他の動物同様、ペッカリーも群れで行動する動物ですが、何十頭ものペッカリーがこのスピードで街中を走り回っていたら大変なことになりそうです。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/HannahTiedeTV/status/1232135937787695104 [リンク]

(執筆者: 6PAC)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』