ワコム×三菱鉛筆コラボ! デジタル鉛筆「Hi-uni DIGITAL for Wacom」が登場 使ってみた

デジタルでアナログ感満載のデジタル鉛筆!

ワコムから三菱鉛筆とのコラボデジタル鉛筆「Hi-uni DIGITAL for Wacom」が 8 月 7 日に登場。さっそく使ってみました。

使ってみた様子はこちら。

デジタル鉛筆「Hi-uni DIGITAL for Wacom」を使ってみた

「Hi-uni DIGITAL for Wacom」と書かれたパッケージ。さっそく開封。

箱を開けた瞬間、デジタルではない木の香り。アナログの懐かしの鉛筆感がただよいます。

「Hi-uni DIGITAL for Wacom」は、鉛筆「Hi-uni」と同じ生産過程で作られ同じ木材を使用した鉛筆軸。

日本の伝統色であるえび茶色とワインレッドを掛け合わせた「ユニ色」の軸と、金色のリングを備え、幾度も塗装を重ねることにより漆器のような艶のあるなめらかなボディの高級感のあるデザイン。軸のところに「Wacom」とロゴが印字。

手にとってみた感覚は、懐かしの三菱鉛筆そのものです。この蓋は無くしてしまうと、ペン先がむき出しになってしまうので大事!

「描く」も「書く」も Hi-uni DIGITAL for Wacom

六角軸の鉛筆は、用途を問わず、自然な使い心地。少し短めの鉛筆軸は使い始めから描きやすい長さで、しっくりと手に馴染み、スケッチや製図、デザインにぴったり。最大 4096 レベルの筆圧感知に対応し、鉛筆の持ちやすさに加え、自然な使い心地と高精度な描き味を実現します。持ちやすい軽さ・細さのデジタル鉛筆は、遠隔授業やデジタル端末での学習にも最適。

馴染みのある三菱鉛筆なので書き味は抜群。体が慣れている感じがします。ペン先はデジタルですので鉛筆はもちろん、マジックやカラーペンでもお好きなものをどうぞ。

「液晶タブレット」でこのアナログ感! ハマる人はハマってしまうと思います。

Hi-uni の描き味を CLIP STUDIO PAINT のブラシデータで再現

デッサンや鉛筆画をはじめとしたアーティスト、デザイナーに愛される三菱鉛筆の「ハイユニ アートセット」は 10H から 10B まで、全 22 種類の硬さの芯を揃えた鉛筆のセットです。この描き味をCLIP STUDIO PAINT のブラシデータで完全に再現。

「Hi-uni DIGITAL for Wacom」と一緒に使えば、アナログとデジタルの垣根を超えた、より自由な表現が実現します。

Hi-uni DIGITAL for Wacom 発売記念「モノクロイラストコンテスト」を 8/7 より開始

さらに三菱鉛筆と CLIP STUDIO PAINT とのコラボを記念して、三菱鉛筆株式会社、株式会社セルシスの協賛のもと、モノクロイラストコンテストを 8 月 7 日(金)より開催。この機会に挑戦してみてはいかが。

Hi-uni ブラシを特別プレゼント

「Wacom One 液晶ペンタブレット 13」 をお持ちの方限定で CLIP STUDIO PAINT で使える
Hi-uni ブラシを 12 月 31 日(木)までの期間限定でプレゼントします。
対象期間:2020 年 8 月 6 日(木)〜12 月 31 日(木)
■ダウンロード方法
Wacom ID をご登録の上、ご購入いただきました Wacom One を製品登録してください。
■プレゼント内容
ブラシデータ 22 種(sut ファイル) 設定方法のご案内(文章)
■注意事項
対象期間より前に Wacom ID ならびに Wacom One を製品登録済みの方については、メールで
お知らせの予定です。
※「Hi-uni DIGITAL for Wacom」ならびにブラシプレゼントの詳細はこちらから:
https://bit.ly/39XXkg6

モノクロイラストコンテスト概要

? 応募期間
2020 年 8 月 7 日(金)~8 月 31 日(月)
結果発表は 2020 年 9 月下旬予定

※モノクロイラストコンテストの詳細はこちらから:
https://bit.ly/2XohZVy

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)