YouTuberヒカルさんがハロウィンに子どもたちへ行なったとびっきりのイタズラとは……?!

人気YouTuberヒカルさんが本日公開した動画『【ダークヒーロー見参】小児癌と闘う施設の子どもたちに「お菓子の家」作ってプレゼントしてみた』で、公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパンに1000万円の寄付と、ハロウィンにちなんで療養中の子どもたちにお菓子の家をプレゼントしたことがわかった。その温かく優しい贈り物に、「夢を感じる企画ですごい感動した」、「もう高評価1個じゃ足りないので1000個くらい押したい」など多くのコメントが寄せられている。

【ダークヒーロー見参】小児癌と闘う施設の子供達に「お菓子の家」作ってプレゼントしてみた
https://youtu.be/4mIdkQDO6Gw

ヒカルさんは、小児がんや白血病など重篤な病気になってしまった子どもとその家族が利用できる滞在施設『ドナルド・マクドナルド・ハウス なごやハウス』にて、自身が子どもの頃から夢見てきた“お菓子の家”を製作。

そのお菓子の家は、ドナルド・マクドナルド・ハウスのロゴをモチーフにしている。この日のために、療養施設でもあり、安心安全な食材を使用しているユーハイム社の工場からできたてのお菓子が届けられた。そして、家の土台は掛川にある建築会社ウイングホーム社の全面協力のもと設計され、ヒカルさんの夢であった“大人も子どもも入れるサイズのお菓子の家”の建築が実現した。製作には、ヒカルさんと建築会社ウイングホーム社の社長と娘さん、そしてネクステメンバー(相馬トランジスタさん・名人さん・ロケマサさん)、ヒカルのヘアメイク捧(ささげ)さんも加わり、一つひとつのお菓子を手作業で貼り付けた。クッキーやバームクーヘンなど18,000個のお菓子を使用し、総製作時間はなんと13時間! ハロウインにふさわしい飾り付けとともに緻密な作業で完成させた。

そして、この日お菓子の家に招待されたのはヒカルさんのファンである三人の子どもたち。2年前に小児がんを発症し長期療養を行なっており、ドナルド・マクドナルド・ハウスのヘビーユーザーでもあった。子どもたちは療養中にヒカルさんの動画を見てファンになったそうで、大好きなヒカルさんと完成したお菓子の家に大喜び。みんなでお腹いっぱいになるまでお菓子の家を食べた。

ドナルド・マクドナルド・ハウスに別れを告げ、帰路につく車中にて、相馬トランジスタさんから実はこっそりとヒカルさんが寄付をしていた事実が告げられる。その金額はなんと……1000万円! ドナルド・マクドナルド・ハウスに1000万円の寄付をするとPLUTINUMスポンサーとなる。現在のPLUTINUMスポンサーは、マクドナルド社とコカ・コーラ社のみ。そこにヒカルさんも名を連ねた。

ドナルド・マクドナルド・ハウス サポーターリスト:
https://www.dmhcj.or.jp/support/supporterlist.html

また今回の動画を観て、ドナルド・マクドナルド・ハウスの取り組み・施設について知った方や支援したいと感じた方も多く、彼の与えた影響力は寄付以外の部分でも大きく貢献する形となった。

アパレル事業・美容事業に成功を収め、そして今回は病気療養の親子のための療養施設にお菓子の家と1000万円の寄付を行ったYouTuberヒカルさん。今後の活躍に目が離せない。

ドナルドマクドナルド財団への寄付はこちら
https://www.dmhcj.or.jp/support/[リンク]

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)