アニソン大好き外国人YouTuberたちのバンドによる「紅蓮華」カバー 「炭治郎と禰豆子がデュエットしてるみたい」「日本語の発音キレイすぎない?」

アニソンをカバーした動画をYouTubeで公開しまくっているアニソン大好き外国人YouTuberたちがバンドを結成し、アニメ『鬼滅の刃』のオープニングテーマ「紅蓮華」をカバーしたリモート演奏動画を公開しています。

Gurenge – Demon Slayer (Opening) | Band Cover(YouTube)
https://youtu.be/KqRl5OAFYCQ

イギリスのMattyyyMというYouTuberのアカウントで公開されたのがこちらの動画です。MattyyyMは、ギター及びミキシングとマスタリングを担当しています。

ヴォーカルは「Say So」の日本語カバーで有名になったインドネシアのRainychと、カナダのShayne Orok。男女2人によるツインヴォーカルです。

ベースは香港のRufus Mann、ドラムは台湾の桿子 Drumstick、ピアノはオーストラリアのFonzi M(インドネシア出身)というまさにグローバルバンド。

YouTubeのコメント欄には以下のような声が寄せられています。

・炭治郎と禰豆子がデュエットしてるみたい
・Rainych、すっげーな
・思わず一緒に歌っちゃうよね
・ノリノリすぎるドラマー
・生まれついてのアニメ声ヴォーカル
・日本語の発音キレイすぎない?
・このカバーは激ヤバ
・この曲が頭にこびりついて離れない
・最高の「紅蓮華」カバーっしょ
・鳥肌立ちすぎてヤバいです
・こんな完璧なカバーってあるの?
・歌ってるのは間違いなく炭治郎と禰豆子だ
・レベル高すぎじゃない
・異次元のアニソンカバー
・ドラマーがエグイ
・優秀な学生ばかりでグループ作業するとこうなるってこと?
・思わず涙が出てしまった


https://twitter.com/SpotifyJP/status/1316613173814812673

ちなみにツインヴォーカルの一翼を担ったRainychは、いつの間にか日本でデビューまでしちゃっています。

【関連記事】Doja Catのヒット曲「Say So」の日本語カバーが話題 歌っているのはインドネシア人女性YouTuber
https://getnews.jp/archives/2553932[リンク]

※画像:YouTubeより引用
https://www.youtube.com/watch?v=KqRl5OAFYCQ

(執筆者: 6PAC)

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』