ドローンで撮影したと思ったでしょ? どうやって撮影したかわかる?

アジア系アメリカ人のクリエイティブ・ディレクターが、ドローンで撮影したとしか思えない映像をInstagramで公開しています。

どれもドローンで撮影したとしか思えない映像ですが、全てドローン禁止の場所で撮影された映像です。撮影者は以前も記事でご紹介した“低予算でハイクォリティな映像”が得意なカレン X. チェンさんです。

下記3本の映像をどうやって撮影したか、皆さんはわかりますか?


https://www.instagram.com/p/CMIF2INJbr-/

サンフランシスコのゴールデン・ゲート・ブリッジ。


https://www.instagram.com/p/CMJBtxRJJsY/

ビーチ上空。


https://www.instagram.com/p/CMKkvukJpMn/

ビーチからのズームアウト。

繰り返しますが、これらの映像を撮影するのにドローンは一切使用されていません。


https://www.instagram.com/p/CMNCsdqpkoA/

答え合わせがこちらの動画です。ゴールデン・ゲート・ブリッジは釣り竿にカメラ、ビーチ上空は凧、ビーチからのズームアウトはジップラインを使って撮影された映像でした。

Instagramのコメント欄には次のような声が寄せられています。

・マジか
・天才すぎる
・よく思いついたよね
・すごいなあ
・全然答えがわかりませんでした
・ドローンがなくても頭使えばこれだけの映像が撮れるってことか
・答え全てが想定外
・頭良すぎるでしょ
・めっちゃクリエイティブ
・凧を使うのは当てられたよ
・ジップラインはわからなかったな
・超リスペクト!
・どこからこういうアイデアが湧くのかな

【関連記事】低予算で映画並みのカメラワークを再現する方法 『マトリックス』のバレットタイムや『ハリー・ポッター』の透明マントも
https://getnews.jp/archives/2719785[リンク]

※画像:Instagramより引用
https://www.instagram.com/p/CMNCsdqpkoA/

(執筆者: 6PAC)

×