全国各地で「台湾産パイナップル」の買い支え運動が――一体なぜ?どこで買える?

『台湾産パイナップル』話題でスーパーで売り切れが続出 イトーヨーカドーなどで販売

記事まとめ

  • 『台湾産パイナップル』が大きな話題を呼び、スーパーで売り切れが続出しているという
  • 中国が「台湾からのパイナップル輸入を停止する」と突然発表したのが事の発端という
  • 人気の理由は美味しいからで、販売している日本のスーパーマーケットが紹介されている

全国各地で「台湾産パイナップル」の買い支え運動が――一体なぜ?どこで買える?

全国各地で「台湾産パイナップル」の買い支え運動が――一体なぜ?どこで買える?

甘くて美味しい台湾産パイナップル。近年は安価なフィリピン産に押されて目立たない存在となっていたが、再び人気が高まっている。

 いまネット上で「台湾パイナップル(鳳梨)」が大きな話題を呼んでおり、入荷したスーパーでは売り切れが続出しているという。

 果たして一体何があったのか、そして台湾産パイナップルは何処で買うことができるのか――。

◆世界を駆け巡った「パイナップル」をめぐる中台対決

 事の発端は2月26日に遡る。

 この日、中国が突然「3月1日から台湾からのパイナップル輸入を停止する」と発表したのだ。

 中国は台湾産パイナップルの一番の輸出先であり、ここ数年は全生産量の約1割(約4万トン以上)が中国へ輸出されるほどだった。中国当局は「台湾産パイナップルから害虫が検出されたことによる防疫のための禁輸」だとしているが、台湾は「昨年害虫対策を強化したばかりであり、また昨秋以降に全く害虫は検出されていない」としたうえで、「中国政府の新型コロナウイルスの対応を批判した台湾に対する経済制裁の一環だ」として抗議。

 それに対し、中国政府は、政府系メディア「環球時報」で「台湾政府は中国による圧力として政治問題にしようとしている」と述べ、台湾名産の果物「蓮霧(レンブ)」などの輸入も停止。さらに中国の民間企業もこれに乗じて台湾の銘菓である「パイナップルケーキ」の輸入をキャンセルするなど、対立はさらに深まることとなった。

 実は、中国は昨年もオーストラリア政府が中国の新型コロナウイルス対応を批判したあとに同国の牛肉やワインなどに対して輸入制限や関税の追加措置などを行ったばかり。

 世界中で中国への新型コロナウイルス対応批判が相次ぐなか、こうした経緯もあって中国の「禁輸による経済制裁」というニュースは世界中を駆け巡り、逆に「台湾産パイナップルの存在」を全世界にアピールするものとなった。

 とくに日本ではコロナ禍で「台湾ロス」を感じる国民も少なくないなか、この春は東日本大震災の発生から10年目であり、多くのメディアなどで当時の台湾による支援が取り上げられたこともあって、「今度は台湾を支援する番だ」として台湾産パイナップルの買い支え運動が起きることとなったわけだ。

◆かつては台湾を支える産業だった「パイナップル」だが……

 さて、「支援」とはいえども、これほどまでに台湾産パイナップルが人気となっているのには理由がある。それはもちろん「美味しい」から。とくに近年日本に輸入されている台湾パイナップルは、多くが「金鑽パイナップル」という台湾を代表する人気品種であり、その味は折り紙付きだ。

 もともと、台湾には日本統治時代(1895年〜1945年)より前から在来種のパイナップルが生息していたが、現在のような輸出用パイナップルの大規模栽培は日本統治時代にハワイ産パイナップルを持ち込むかたちで始まったものだった。

 金鑽パイナップルのふるさとの1つとしても知られる台湾南部・高雄市大樹区の台鉄屏東線九曲堂駅前には台北出身の台湾人・葉金塗氏が1925年に設立した台湾鳳梨工場の建物が保存・公開されており、当時の繁栄を偲ぶことができる。

 戦前からより美味しく、そしてより台湾の土地に合うように幾度も品種改良が続けられた台湾産パイナップルは、一時は「輸出量世界一」となり、台湾経済を支える存在にまで成長を遂げた。1935年からは沖縄・八重山地方でも台湾人によるパイナップル栽培がはじまったほか、戦後も中国国民党の台湾統治から逃れた台湾人が沖縄に移民してパイナップル栽培に関わった例があり、それらが現在の沖縄県産パイナップルの源流の1つとなった。

 このように長きに亘って日本と密接に関わり続けた台湾産パイナップルであったが、米国の世界的農業企業「ドール」がパイナップル生産の拠点をハワイから人件費の安いフィリピンに移したことで、徐々に世界的産地としての立場を失っていった。

 現在、ドールのアジア事業は大部分が日本の伊藤忠商事グループの手によるものとなっており、それゆえ近年の日本における輸入パイナップルのシェアはフィリピン産が9割以上を占めている。ちなみに、台湾銘菓としておなじみの「パイナップルケーキ」は、台湾産パイナップルが国際競争力を失うなかで付加価値を付けるべく考え出されたものであったという。

 近年、台湾産パイナップルは「高級果物」として中国をはじめとした海外への輸出も行われていたものの、その半分以上は台湾内で消費されていた。

 一方で、台湾産パイナップルはフィリピン産とは異なった味わいで、さらに完熟してから収穫してすぐに日本へと出荷するため、芯までやわらかく甘いとあって、近年は日本国内でも人気が高まりつつあり、輸入量も再び増加に。百貨店やフルーツ専門店でもたまに見かける存在となっていた。

◆台湾産パイナップル、一体どこで買える?

 美味しい高級果物が中国の輸入停止により在庫過多になっており、しかも買うだけで支援になるとなれば買わない手はない――と思う人も多いであろうが、それでは一体どこで買えるのであろうか。

 これまで国内で台湾産パイナップルを販売していた店舗は多くが百貨店のデパ地下やフルーツ専門店であったが、今年は輸入量の増加によってスーパーマーケットでの取り扱いも大幅に増えている。

台湾の政府系通信社「中央通訊社」などによると、すでに台湾産パイナップルの販売をおこなっている日本のスーパーマーケットは以下のとおり。

・西友・サニー(本社:東京都北区)

・食生活ロピア(本社:神奈川県川崎市)

・ベルクス(本社:東京都足立区)

・ツルヤ(本社:長野県小諸市)

・イズミ(ゆめタウン・ゆめマート)(本社:広島県広島市)

 このほか、都商研の取材や各社の発表によると、以下のスーパーの一部店舗でも販売が確認されている(3月中旬現在)。

イトーヨーカドー(本社:東京都千代田区)

・イオン(イオンリテール運営店)(本社:千葉県千葉市)

・ダイエー(本社:東京都江東区)

・三徳(本社:東京都新宿区)

・マルエツ(本社:東京都豊島区)

・いなげや(本社:東京都立川市)

・相鉄ローゼン(本社:神奈川県横浜市)

・ライフ(本社:大阪府大阪市)

・イズミヤ(本社:大阪府大阪市)

・マックスバリュ西日本/マルナカ(本社:広島県広島市)

・エブリイ(本社:広島県福山市)

※いずれも全店舗で販売している訳ではないため、詳しくは店舗に問い合わせを。

※完売・入荷待ちの店舗が多くなっている模様

 販売価格はフィリピン産パイナップルの約2倍前後で、1玉500円台〜800円台ほど。なかにはカットパインを販売している店舗もあった。

 なお、取材したあるスーパーでは「入荷したが1日で売り切れてしまった」「次回の入荷は未定」だといい、すでに完売して次の入荷待ちとなっている店舗も多いとみられる。

 このほか、先述したとおり、高島屋や伊勢丹/クイーンズ伊勢丹など一部の百貨店と系列店舗では、以前から台湾産パイナップルの販売がおこなわれている。大手百貨店のデパ地下には売場にコンシェルジュなどが配置されている例もあるため、入荷予定を聞いてみるのも良いであろう。

 日本での台湾産パイナップル人気の高まりは台湾でも報道などで知られることとなっており、蔡英文総統や頼清徳副総統がツイッターで感謝のツイートをおこなっている。

 近年輸入量が増加しつつあった台湾産パイナップルであったが、台湾・中央通訊社などによると、2021年の輸入量は3月中に2020年の約3倍にあたる6000トンを超える見込み。輸入量の増加に伴って「美味しさ」のほうも口コミで広がっており、今後はさらに取り扱い店舗が増えていくものと思われる。

 「近くのスーパーに売っていなかった!」という人も、また日を改めて探してみることをおすすめしたい。

<取材・文・撮影/若杉優貴(都市商業研究所)>

【都市商業研究所】

若手研究者で作る「商業」と「まちづくり」の研究団体『都市商業研究所』。Webサイト「都商研ニュース」では、研究員の独自取材や各社のプレスリリースなどを基に、商業とまちづくりに興味がある人に対して「都市」と「商業」の動きを分かりやすく解説している。Twitterアカウントは「@toshouken」

関連記事(外部サイト)