入管が押しつける「偽名」。強制送還もされず、「仮放免」と「収容」の繰り返しに苦しむスリランカ人

入管が押しつける「偽名」。強制送還もされず、「仮放免」と「収容」の繰り返しに苦しむスリランカ人

2021年3月3日に開かれた控訴審後のダヌカさん。体重は仮放免から1年2か月を経て、ようやく60Kg台にまで戻った

 スリランカ大使館が「間違いなく本人である」と証明しているのに、「他人である」として、日本の入管収容施設に長期収容されてきたスリランカ人・ダヌカさんが起こした「ダヌカはダヌカである」ことを認定する裁判が3月3日、裁判長の突然の「結審宣言」で終わった。これは、筋書きが初めから決まっていたのだろうか?

 

◆スリランカ大使館は、ダヌカさん本人だと認めている

 スリランカ人男性のダヌカさん(38歳)は、入管から「ダヌカなる人間はダヌカではない。チャミンダである」として長期収容を強いられてきた。

 ただしその背景の一つとして、ダヌカさんが10代のときの1998年、ブローカーから「未成年者では日本のビザを取れない」と吹聴され、「チャミンダ」名義の偽パスポートで来日した過去があるのは事実だ。10年後、ダヌカさんは不法滞在が発覚して帰国する。

 帰国後に貿易会社を設立したダヌカさんは、2年後の2010年、今度は正式なダヌカ名義のパスポートで商談のために来日した。ところが滞在中に、入管が「ダヌカ名義の偽パスポートでチャミンダが入国した」と判断して逮捕。ダヌカさんは出入国管理法違反により横浜刑務所で2年間服役した。

 風向きが変わったのは、その収監中にダヌカさんの要請に基づいて調査を行った在日スリランカ大使館が「ダヌカは間違いなくスリランカ国民のダヌカである」との証明書を発行したことだ。

 これで2013年3月の出所後にダヌカさんは晴れて帰国できるはずだった。ところが入管は、出所と同時にやはり「別人である」として、ダヌカさんを入管収容施設に収容した。ダヌカさんは、8か月後の11月に「仮放免」(収容を一時的に解く措置)される。

◆本名のパスポートでは出国できない!?

 収容も仮放免も「退去強制令書(帰国命令書)を出された者が、帰国の準備が整うまで」の暫定措置である。ところが困ったのは、ダヌカさんが帰国を望んだとしても、ダヌカ名義のパスポートでは出国させてもらえないし、スリランカ大使館が他者であるチャミンダ名義のパスポートを発行するはずもないので、入管による強制送還すらできないことだ。

 仮放免中、ダヌカさんはその後の心の支えとなる日本人婚約者のAさんと出会う。だが、1〜2か月ごとに行う仮放免の更新で、2017年7月にダヌカさんは理由も告げられずに再収容された。以後、2年半という長期収容生活を送ることになる。

 詳細は割愛するが、「一生出られないのか」との不安からダヌカさんはうつ病と拒食症を発症し、水すら吐くようになる。70Kgあった体重が46Kgに落ち、Aさんも支援者も筆者も「このままでは死ぬ」と心配していた。

 2019年末、ダヌカさんはまさに死の寸前になってようやく仮放免された。その日は、歩くこともできなくなったので車いすで姿を現した。

◆「ダヌカはダヌカである」との認定を求めて提訴

 ダヌカさんは収容中に、入管の退去強制令書の発布の撤回を求める裁判を起こしていた。つまり、裁判所に「ダヌカはダヌカである」との認定を求めたのだ。

 仮放免直後の2020年2月25日、ダヌカさんは第5回口頭弁論に出廷。初めて法廷で「私はダヌカだ」との意見陳述を行った。だが直後、鎌野真敬裁判長が突然「審理は尽くした」と結審を宣言。ダヌカさんの代理人・指宿昭一弁護士は「本人である証拠を収集中。結審は許されない」として「裁判官忌避」を申し立てた。裁判官忌避をすると結審は延びる……はずだった。

 だが後日、ダヌカさんから「7月3日に判決が決まった」との連絡が入る。当日「結審はされていない」として、指宿弁護士は出席を拒否。ダヌカさんも傍聴席のほうに座った。無人の原告席に向かい、鎌野裁判長はダヌカさんの撤回請求を「却下する」と告げ、10秒後に退廷した。

 筆者は判決文を読んだが「ずるい」と捉えたのは、裁判所はスリランカ大使館がダヌカさんを本人と認めている点に触れていないことだ。

◆控訴審でも本人尋問はなし

 当然、ダヌカさんはこれを控訴した。その控訴審が3月3日に開催されたのだった。

 まずダヌカさんが意見陳述に立つ。それは、収容中に職員たちから「チャミンダと呼ばれたら返事をしろ」と強要されるなどの屈辱や、うつ病や拒食症に苦しんだ日々をつづったものだった。

 だがこの直後、ここでも村上正敏裁判長は突然「原告から(被告が持っている本人証明となる)文書提出命令の申し立てや本人尋問の申し出がありましたが、合議の結果『必要性なし』と判断し却下することにしました。判決は、4月21日の午後1時30分で指定します」と終結宣言したのだ。

 次の瞬間、指宿弁護士が立ち上がり「ダメです。一審でも尋問は行われていないんです!と訴えた。

「必要性なしとの判断です」

「おかしくないですか。民事裁判で原告の話を聞かないで判断するのは!」

 そう抗議している間に、裁判長は会釈の挨拶もなしに扉の向こうへと消えた。だまし討ちのような展開に、ダヌカさんはその後も「頭が真っ白です」と多くを語らなかった。

◆このままでは、ダヌカさんは一生「仮放免」か「収容」で過ごすしかない

 確かに裁判長の言いぶりでは、あらかじめこの日の結審は既定路線だったと思われる。あとは敗訴の判決を出すのだろう……。指宿弁護士は「即時抗告すると同時に、今回裁判所が原告の文書提出命令を却下したことで、これについては異議を出して認められたら裁判再開もあり得るのでトライする」とのこと。

「民事訴訟で当事者の意見も聞かないで判決が出るのは、あってはならないことです」(指宿弁護士)

 もし同様の事例が欧米であれば、司法はこんな判断はしないだろう。また、市民も関心を寄せるだろう。「では英語で情報発信をしようか」と支援者が裁判後に話し合ったが、それもアリだと思う。ある意味での外圧は、この国には必要だ。

 一つだけ言えるのは、このままでは、ダヌカさんは強制送還すらされず、一生を就労禁止の「仮放免」か「収容」のどちらかで過ごすしかないということだ。人の血が通った行政ならここまでのことはしない。だが、入管はそれをしてしまう……。

 ダヌカさんと婚約者は今、機会さえあれば絶対に第三国で暮らそうと決めている。

<文・写真/樫田秀樹>

【樫田秀樹】

かしだひでき●Twitter ID:@kashidahideki。フリージャーナリスト。社会問題や環境問題、リニア中央新幹線などを精力的に取材している。『悪夢の超特急 リニア中央新幹線』(旬報社)で2015年度JCJ(日本ジャーナリスト会議)賞を受賞。

関連記事(外部サイト)

×