呉座勇一「炎上」事件で考える、歴史家が歴史修正主義者になってしまうということ

呉座勇一「炎上」事件で考える、歴史家が歴史修正主義者になってしまうということ

応仁の乱発祥の地の上御霊神社。Photo by 一球 / PIXTA(ピクスタ)

 「陰謀実行の最大の難点は、秘密裏に遂行しなければならないため、参加者を限定せざるを得ないところである」(呉座勇一『陰謀の日本中世史』角川新書、2018年、49ページ)

 3月末、日本中世史研究者の呉座勇一が、Twitterの鍵アカウントで英文学研究者の北村紗衣を含む様々な人物に中傷を行っていたことが発覚し、NHK大河ドラマの監修を辞任し、所属先の研究機関もコメントを出すなどの事態になった。非公開アカウントとはいえ、約4000人のフォロワーに対して、リツイートやいいねを含めて一方的な中傷を行っていたことが問題視された。その中傷の中には、セクシュアルハラスメント的な発言も含まれている。筆者も呉座によって中傷された者のうちの一人だったが、その件については本人から謝罪をいただいている。

◆発端は、別の日本中世史研究者の「ネトウヨ的」発言

 この件の発端は、同じく日本中世史研究者の亀田俊和が、『異形の王権』(平凡社)などで知られる日本中世史研究の大家、網野善彦に対して、「ほんとレフティwな方ですね」「日本嫌いなのに、何で日本史研究したんだろ?w」というツイートをしたことが、専門研究者とは思えないぐらい軽薄なコメントであるとして批判が集まったことにある。

 このツイートは網野が国旗国歌法に反対する文章を読んでのことだそうだが、「日本が嫌いなのに何で〜」という論理はまさに匿名ネトウヨのそれであり、ベストセラー『観応の擾乱』の著者がまさかそんなことを言うなんてと、多くの者に驚き呆れられたのだった。

 亀田はこの発言を早期に謝罪・撤回したが、Twitterの研究者「クラスター」の中で、日本史学・人文学とマルクス主義の関係について勝手に語りだす研究者が増加し、一大論争となっていく。その過程で、呉座勇一の鍵アカウントのスクリーンショットが出回り、この間も様々な人物に中傷を行っていたことが露見することになった。

◆歴史修正主義発言も露わに

 呉座勇一は、北村紗衣に対する中傷が露見した事実を受けて、自身のアカウントを公開にして、自分自身が抱えているミソジニーを認めたうえで、北村紗衣に謝罪した。しかし同時に、アカウントが公開になったことによって、彼がTwitterで今まで書いてきたこと、何に対していいねやリツイートをしてきたかがすべて露見することになった。その内容は中傷や差別、また歴史研究者にもかかわらず歴史修正主義に加担するようなものまであった。

 この事件は学術関係者に衝撃を与えており、また事実の露見・謝罪後も、セクシュアルハラスメントとも言い得る中傷行為の被害者の北村紗衣の同意を取らずに勝手に被害者と加害者の仲介役を名乗り出たり、早期の幕引きを提案したり、加害者への批判を抑制したりする研究者が多発したことによって、アカデミアにおけるホモソーシャル、性差別の問題の深刻さが改めて明らかになった。一方、この事実に心を痛め、性差別に対する取り組みを進めようとしている研究者も多い。

 もちろん上記の論点は重要であり、この事件が語られるうえで主要な関心を集めているのも当然だ。しかし本記事では、比較的語られてきていない歴史修正主義の問題について取り上げて考えたい。

◆「現実主義的」反歴史修正主義者

 呉座勇一の歴史修正主義ツイートは、主に日本軍「慰安婦」問題に関するものだった。「慰安婦」の性奴隷制を否定するものや、直近では、国内外の研究者によって学術的な欠陥が指摘されているマーク・ラムザイヤーの「慰安婦」は性奴隷ではなく商行為だったとする論文を支持するツイート複数にいいねをつけていたことがわかっている。

 呉座勇一が歴史修正主義に共感的だったことが衝撃的であるのは、彼が歴史の専門家だったからだけではない。呉座勇一は確かに保守的な歴史家だとみなされていたが、一方では井沢元彦と論争し、百田尚樹の『日本国紀』を公然と批判するなど、歴史修正主義と積極的に対決してきた歴史家だともみなされていたのだ。

 ただし、その反歴史修正主義の立場には留保がつく。呉座は日本人が誇りを持てる「国民史」の構築については、むしろ支持する立場を取っている。前川一郎、倉橋耕平、辻田真佐憲との共著『教養としての歴史問題』(東洋経済新報社、2020年)で、呉座は第四章を担当し、網野善彦が「新しい教科書をつくる会」の活動に一定の共感を示していたことに触れている。呉座によると、網野善彦は日本に「国民史」の物語が存在しないことに危機感を持っていた。ナショナリズムに敵対的だと考えられている網野の後年の著作は、むしろナショナリズムと親和的な要素がある。

 呉座は網野善彦に学べという。歴史修正主義者の歴史観は、その分かりやすい筆致とキャッチーな宣伝戦略によって、歴史学的な素養はないが歴史を知りたい一般の人々に娯楽として広まっていく。呉座によれば、それに対抗できる「正確で面白い、もっと売れる通史を書け」る唯一の歴史家が網野善彦だった。こういった仕事は、実証主義という「象牙の塔」に引きこもっている歴史学者には不可能なのだ。ナショナリズムを恐れず、日本が行ってきた負の歴史を否定する歴史修正主義者の議論を浸透させないためにも、過去を反省しつつ一定の誇りを持てる歴史観を「現実主義」として歴史家は提示するべきだ、と呉座は主張している。呉座自身は、それを「物語」と呼ぶことに慎重な姿勢を示しているものの、巻末の座談会では、歴史には物語が必要だと主張する辻田真佐憲にはっきりと同調している。

◆問題は差別主義

 とはいえ、こうした歴史修正主義に対抗するためにナショナリズムを利用しようとする、「右的なもの」への警戒心が薄い呉座の姿勢そのものからは、彼自身が歴史修正主義になってしまった理由を導き出すことはできない。彼はこの本で、一貫して過去の侵略戦争や植民地主義については反省すべきだという立場をとっている。歴史家は実証主義の中に閉じこもっていないで、もっと一般読者向けの通史を書くべきだという主張も、各論としては頷ける。

 もっとも、こうした主張をしているのが呉座勇一だというのは、奇妙といえば奇妙だ。というのは、呉座勇一自身がテーゼなき実証主義の象徴とみなされることが多かった歴史家だからだ。歴史家の東島誠は、まさに呉座勇一の『応仁の乱』(中公新書)のベストセラー化を評して、「もはや歴史学には〈ものの見方〉など求められていない、のだとすれば、これはこの業界にとってかなりヤバい、危機的状況なのではあるまいか」と述べている。(「なぜいま、「幕府」を問うのか?」)

 事件の発端が亀田俊和のネトウヨ的ツイートだったことを踏まえると、ここで東島が若手歴史研究者の右傾化に言及していることは興味深いが、『教養としての歴史問題』を読む限り、くしくも当の呉座自身が、歴史家の歴史観のなさという東島と同じような問題意識を背負っているようにみえてしまう。

 本題に戻ろう。さて、なぜ呉座勇一は歴史修正主義に陰で同調してしまっていたのか。ポイントは、彼がはっきりと修正主義者として振る舞っていたトピックが、日本軍「慰安婦」問題だったことだろう。

 呉座勇一は、数々の女性に対する中傷ツイートからわかるように、女性に対して強い差別感情を持っていた。その根深さは、彼自身が「私の偏見は今さら矯正できないかもしれません」と謝罪文の中で認めている通りである。また性差別以外にも、民族マイノリティに対する差別や、「嫌朝」「嫌韓」ムードへの同調も、過去のTwitter履歴から発見されている。つまり、彼は歴史家としてではなく差別主義者として歴史修正主義に同調したのではないだろうか。

 日本軍「慰安婦」問題は、歴史修正主義言説の中でも特に差別主義が強く表れる。たとえば、ラムザイヤー論文にもみられる娼妓契約の人身売買性の軽視は、「身体を売る女」に対する通俗的な蔑視感情が反映されているのだ。

 もちろん歴史家としての立場上、著書やメディアのなかでは呉座勇一はそうした態度をあからさまにすることなく、ソフトな印象を与える人物として振る舞うことができていた。しかし、Twitterの鍵アカウントでは、クローズドな場である安心感からか、差別主義者としての本性をストレスなく開陳してしまったのだろう。もちろん鍵アカウントとはいえ、そこはなお4000人の集団に見られている場である。「陰謀実行」には「参加者の限定」が必要だと自分自身で述べているように、4000人もいれば、彼が何をやっているか、鍵の外に漏れないはずがないのだ。

◆歴史修正主義は「無知」が原因ではない

 今回の事件は図らずも、歴史修正主義に対抗するためにある種の国民史を立ち上げようとする呉座勇一の(そして辻田真佐憲の)プロジェクトの不成立を明らかにしてしまったともいえるだろう。歴史について知りたいが難しい専門書を読む時間的余裕がない「無知」な一般の人々が、学問的水準は低いが読みやすい通俗的歴史本に手を出してしまい、歴史修正主義者になっていく、というのが「物語」必要論の前提であった。しかし、たとえ歴史学に詳しい専門家であっても歴史修正主義者になってしまうということを、彼自身が証明してしまったのだ。

 確かに歴史修正主義の商業的な陣地戦のあなどれなさはあり、警戒することは重要だ。だが一方で、日本軍の戦争犯罪や植民地の問題について発信している側が、特段に難解な実証主義的言語を用いているとも思わない。歴史修正主義に対抗する本はこれまでも出版されているが、わかりやすく市井の人々に届くように工夫されていると思う。

 人々が歴史修正本を手に取ってしまうのは、それが彼らの、単に歴史を知りたい以上の期待に応えているからだろう。視聴率の問題に苦しむテレビ業界が、「日本スゴイ!」番組をつくるのは、そこに一定の視聴者が見込めるからだ。

 人は読みたいもの読む。日本の歴史を学びたい人は、耳が痛くなる歴史よりも、日本の素晴らしさを学びたいのだ。呉座が主張するように面白い歴史の中に目を背けてはならない負の歴史を挿入する「両論併記」型の戦略をとったとしても、売れるかどうかは怪しい。結局はさらに耳心地がよい歴史「物語」を人は選択してしまうかもしれない。

◆歴史修正主義に対抗できるのは物語ではなく人権

 それでは、歴史修正主義に抵抗するすべはないのか。『教養としての歴史問題』の座談会では、前川一郎が人権教育の重要性を訴えている。筆者も、結局はその道しかないだろうと考えている。歴史修正主義者の議論には、必ずといっていいほど差別などの反人権的要素がある。読者の人権意識が向上すれば、たとえ歴史の知識がなくても、歴史修正本の違和感に自ら気づくことができる。

 歴史認識問題を、国家間の問題、あるいはイデオロギーの問題として図式化する議論は多い。しかしそれは、歴史認識の相対主義を前提にしており、歴史修正主義が生き残る余地を残す。歴史認識の相対性については、2000年代のネット掲示板的な文化に浸かっていた人たちにとって内面化されている場合が多い。前川が人権を持ち出してきたときの呉座の反応は鈍く、結局は従来のウヨサヨ論に戻ってしまったことは印象的であった。

 左右の歴史認識の「中道」を取ることは、「現実」への「妥協」として仕方がないと言う人もいる。そもそも、この分野では優等生とされるドイツも含めて、負の歴史にしっかりと向き合うことに成功している国はない。だが、戦争犯罪や植民地の問題を人権の問題として考えるのであれば、やはり「妥協」の余地はないとされなければいけない。

 3月末に起きた一連の事件は、いろいろな意味で個々人の人権が問われていたといえるだろう。ハラスメントの問題についてはようやく深刻に受け止められるようになってきたが、一方で今の日本では、歴史修正主義への加担は研究者あるいは文化人としての致命的な汚点とはならない。しかし、やはりそれは人権意識が問われる問題なのであり、セクシュアルハラスメントなどの問題と同様、研究倫理の一貫として考えるべきトピックなのだ。

<文/藤崎剛人>

【藤崎剛人】

ふじさきまさと●非常勤講師&ブロガー。ドイツ思想史/公法学。ブログ:過ぎ去ろうとしない過去 note:hokusyu Twitter ID:@hokusyu82

関連記事(外部サイト)

×