「安かろう悪かろう」は過去の話? 魔改造的多機能も魅力の「中国家電」の世界

「安かろう悪かろう」は過去の話? 魔改造的多機能も魅力の「中国家電」の世界

イラスト/もりいくすお

かつては「安かろう悪かろう」のイメージが強かった中国製品だが、最近では「高コスパ」製品へと進化を遂げつつある。HUAWEI問題をはじめとする米中貿易戦争のあおりで、日本でも再び評判を落としかけているのはもったいないかぎり。今こそフェアに評価したい、中国の良品を厳選して紹介する!

いろんな機能を交ぜるのが中華家電のスピリッツ!

 中国製品が「安かろう悪かろう」だったのは過去の話。屋台で売っているジャンク品ならともかく、一般的な家電などでは、ダメなものを見つけるほうが難しくなっている。

「というのも、中国では今、人件費が高騰していて、製造のラインがどんどん自動化されているんですよ。自動化されるということは、人の能力による差がなくなるということなので、はんだづけがヘタクソですぐ壊れる……みたいな失敗はなくなる。大企業は言わずもがな、中規模レベルの企業でも積極的にラインの自動化を進めているのが現状ですね」(家電ライターのコヤマタカヒロ氏)

 となると、単に「安くて普通以上のクオリティ」というだけならネタにならない。国産品を差し置いて中国製品に注目すべき理由はあるのだろうか? 中国雲南省を拠点とする、中国アジアITジャーナリストの山谷剛史氏は次のように語る。

「中国人は、いろいろなものを交ぜ合わせるのが得意。すでにある部品を組み合わせて『これまでにないものを作っちゃえ』的なスピリッツがあります。とにかく多機能なものが好きで、個人的にもそこに面白さを感じますね」

 例えば最近、日本でも口コミでヒットしている「popIn Aladdin」は、プロジェクター、サウンドシステム、シーリングライトが一体となった「世界初の3in1スマートライト」。メーカーは中国の検索エンジン会社「百度」の子会社で、本社は日本にあるが、そこには確かに中国らしい“多機能好き”の精神が感じられる。

●スマートライト「popIn Aladdin」

実勢価格 7万9800円 「LEDシーリングにプロジェクターを内蔵する仕組みを実現できたのがすごい。Netflixに対応するなど、OSを次々にバージョンアップしているのも好印象」(コヤマ氏)

「中国人が重視するのは、コストパフォーマンス以上にハイスペックであること。冷静に考えると『いるの?』みたいな機能を惜しげもなく載せてきます。例えばスマホで有名なシャオミは、近年では無印良品っぽいオシャレ家電もたくさん出しているのですが、設定自体はかなり複雑なんですよ。炊飯器の場合、標高が1800mの雲南省と4mの上海市では水の沸点が違うので、スマホと連携してGPSで位置を特定し、最適な炊き加減を設定する……みたいな。正直、僕には味の違いがわかりませんでしたが、そういうマニアックな機能が好まれるんですね」(山谷氏)

 無難にまとまりがちな昨今の国産家電にはないカオスが、中華家電の持ち味というわけだ。では、逆にウイークポイントは?

「説明書がわかりにくい。作ったほうはわかっているんだけど、ユーザーには全然伝わらない……みたいなことがままあります。独りよがり的なところが強いというか。一部のメーカーはだいぶ良くなりましたけど、基本的には『とりあえず使ってみろ』みたい感じ。ユーザーにもそれなりのチャレンジ精神が求められます(笑)」

 そんな挑戦を受けて立つのも、中華家電を使う醍醐味だ。

《多機能&ハイスペック! 中華家電ベストバイ》

 コスパ以前に、純粋に物欲をくすぐる中国製品が急増中。ひと味違った着眼点が家電好きを魅了する

●小型4Kカメラ「DJI OSMO POCKET」

実勢価格 4万4900円

ドローンで有名なDJI社が、空撮時のブレを軽減させる技術を小型カメラに投入。「手ブレのない動画が撮れるカメラは、スマホ時代でも別に持ち歩きたい」(コヤマ氏)

●電子レンジ「ハイアールJM-FH18G」

実勢価格 1万1000円

「日本でも知名度の高いハイアールはAmazonのPB家電の開発も検討中といわれ、今後ますます存在感を増しそう」(コヤマ氏)。低価格ながら、ひと通りの調理機能を備える

●窓用ロボット掃除機「ECOVACS WINBOT W950」

実勢価格 5万4800円

山谷氏いわく「昨年買ったものの中でベストのひとつ」。やたら多くの掃除用具を必要とする窓ふきが、これ一台で済むので大助かり。脚立いらずで高い位置の掃除もラクラク

●ANKER「SoundcoreMini2」

実勢価格 3999円

ドライブのお共に最適な高音質Bluetoothスピーカー。モバイルバッテリーで有名なANKERの製品だけあって、1回の充電で15時間の連続再生が可能なスタミナ仕様が◎

●スマートバンド「Xiaomi Mi Band 3」

実勢価格 4100円

「低価格で使い勝手のいいフィットネストラッカー。一度充電すればバッテリーが20日間持つので、ズボラな人にうってつけ。スマホの通知も表示できるので便利です」(コヤマ氏)

【コヤマタカヒロ氏】

キッチン家電を愛するデジタル&家電ライター。『日経トレンディ』『マイナビ』『東洋経済オンライン』などで執筆中

【山谷剛史氏】

ITジャーナリスト、’02年より一貫して中国やアジア各国のITやトレンドについて執筆。著書に『中国のインターネット史』(星海社新書)ほか

― この[チャイニーズ良品]がスゴイ! ―

関連記事(外部サイト)