屋内での凍死、熱中症の1.5倍 2000年から2016年までの国内の凍死者は計1万6000人

記事まとめ

  • 厚生労働省の「人口動態調査」によれば、国内の凍死者は2000-2016年で計1万6000人
  • 2016年単年の凍死者数は1093人で、熱中症のおよそ1.5倍に上っている
  • 日本では、「部分間欠暖房」が一般的で、部屋の温度差で意識を失うヒートショックも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております