三重県の麻疹感染拡大の背後にある、「反ワクチン」「反医療」信仰の危うさ

三重県の麻疹感染拡大の背後にある、「反ワクチン」「反医療」信仰の危うさ

MC救世神教のウェブサイト

 三重県に本部を置く宗教法人「ミロクコミュニティ救世神教」(MC救世神教)で麻疹(はしか)の集団感染が判明した1月10日以降、三重県内での麻疹流行が未だに終息しない。県の発表ではすでに3次・4次感染者も発生。2月17日時点で、三重県だけでも患者数は49人にのぼり、近隣5県で60人を超える。

 三重県での麻疹確認数は2017年の22人の2倍以上となり、今年は過去10年で最多となることが早くも確実となった。2月13日時点での国立感染症研究所のとりまとめによると、全国は今年に入ってから167人の感染が確認されている。3分の1以上をMC救世教による集団感染者とその2次・3次・4次感染者が占める計算だ。1月下旬の時点では半数以上を占めていた。

 MC救世神教は、岡田茂吉を教祖とする世界救世教の分派の一つ。岡田の教えに従って、医療全般を否定し、病気や怪我は手かざし(浄霊)によって治せると信じる宗教団体だ。当然、ワクチンも推奨されない。

 ところがMC救世神教は今回の件で、ワクチンの必要性を議論する材料にされるばかりだ。ワクチンどころか医療全般を否定する宗教の危険性に目を向けた報道が全くと言っていいほどない。反ワクチン問題ではなく、医療否定宗教の問題として改めて考えてみたい。

◆集団感染の被害者は子供や若者

 三重県での集団感染は、昨年末に開かれたMC救世神教の研修会で起こった。10〜20代の若者を中心とする研修会で、年齢からして、信者である親を持つ2世や3世の信者たちと考えられる。

 参加者は49人。参加者の居住地の内訳は不明だが、このうち三重県在住者については県が24人(全員10〜20代)の感染を確認した。ワクチン接種歴があったのはたった4人。その全員が、通常2回接種しているはずのところが1回だけだった。

 MC救世神教は集団感染発覚から2週間近くも県薬務感染症対策課等による団体名の公表を拒んできた。信者以外の2次・3次感染者が出て、週刊新潮が同教団に取材を申し入れた直後の1月22日になって、教団はウェブサイト上に謝罪文を掲載することで「カミングアウト」。同時に教団は、トップページ以外のすべてのページを削除した。

 それまで同サイトには信者の体験談が大量に掲載されていた。麻疹に限らず、ほかの病気、怪我、障害などを、医療ではなく手かざし(浄霊)で改善したとする内容だ。子供が発熱で痙攣を起こしたり呼吸停止になったりした場合ですら、信者である親が病院に搬送せず教団の支部長などに連絡して浄霊で「治した」かのような体験談も複数あった。「三男は、妊娠中からご浄霊を頂く中で育ち、ワクチンや予防接種などは1本たりとも体に入れていない」と書かれたものもあった。

 麻疹以前に、いつ死者が出てもおかしくない教団であることが一目瞭然だった。

 体験談では大人が医療を拒否した内容も多数ある。それももちろん問題だが、子供の場合は宗教への入信も教義に基づく医療拒否も自分の意思で選択できないことから、特に深刻な問題だ。

◆子供についての医療拒否は虐待

 医療を拒否する宗教をめぐっては、ワクチン以外のことで死者が出ている。そう聞くと、古い世代はエホバの証人(ものみの塔聖書冊子協会の信者のこと)の輸血拒否問題を思い浮かべるかもしれない。

 保護者が子供に必要な医療を受けさせない行為は、「医療ネグレクト」と呼ばれ、虐待の一形態である。

 エホバの場合、輸血は聖書が禁じる禁忌であるとされ、命と引換えになる場面でもその教義を重視することがある。1985年に小学5年生の男の子が交通事故にあい、両親が治療の際に輸血を拒否。男の子は死亡した。男の子名前から「大ちゃん事件」として知られている。

 成人信者のケースだが、1998年には、手術の際に意思に反して輸血をされたとして信者が医師、病院(国)を相手取って損害賠償を請求した裁判で、最高裁が医師らの事前説明の不備などを理由に、賠償を命じた控訴審判決を維持した。

 いまだに医師たちを悩ませる、医療における宗教問題だ。

◆病気を治すつもりなのに死に至る悲劇

 一方、エホバとは全く事情の違う事件もしばしば起きている。命より教義を優先するのではない。宗教上の儀式や教祖の能力で病気を治せると信じ込まされた親や子供が、病気を治そうと努力した結果、むしろ死に至るという構図の事件だ。

 1999年、千葉県成田市のホテルで「ミイラ化」した遺体が発見された。自己啓発セミナー団体「ライフスペース」のメンバーとグル(指導者)を名乗る高橋弘二が、その遺体について「生きていたのに警察の解剖によって死亡した」などという趣旨の主張を繰り広げた。

 亡くなった男性は、病気の治療のため入院中だった。しかし頭を軽く叩く「シャクティパット」という儀式で病気を治せると主張する高橋のもとで「治療」させるため、ライフスペース信者だった長男が男性を病院から連れ出して成田市のホテルに運んだ。男性はその後、呼吸不全で死亡。それでも高橋らは、まだ生きていると称して「シャクティパット」を続け、遺体が「ミイラ化」と言われるような状態になってから発見された。

 長男は保護責任者遺棄致死罪で懲役2年6カ月、執行猶予3年の刑が確定。高橋は殺人罪で懲役7年の実刑となった。

 この事件の1年後の2000年、宮崎県でもうひとつの「ミイラ事件」が起こった。「加江田塾」と称する共同生活集団で、腎臓病の6歳児と未熟児の「ミイラ化」遺体が発見された。代表者の東純一郎もやはり、病気治しの能力を謳っており、遺体については復活させるための儀式をしていたという。東と幹部は、保護責任者遺棄致死等で懲役7年の刑が言い渡された。

 2010年、福岡県に本部を置く宗教法人「新健康協会」の職員夫婦が、重病の子供に治療を受けさせず死なせたとして、殺人容疑で逮捕された。アトピー性皮膚炎による細菌感染で重篤な状態になった生後7カ月の長男を治療せず、手かざしやおフダのようなもので治そうとした結果、敗血症で死亡した。同年、保護責任者遺棄致死罪の容疑で起訴された両親に対して福岡地裁が、懲役3年、保護観察付き執行猶予3年の有罪判決を言い渡した。

 新健康協会は、MC救世神教と同様に世界救世教の分派であり、岡田茂吉を教祖とする宗教団体だ。事件当時も、ウェブサイトには、やはり子供に医療を受けさせない親たちの様子を示す体験談が掲載されていた。

 自分は子供の頃、心臓病で医師から手術を勧められていたが、浄霊によって生活に支障がなくなったので手術を受けずに済ませたという幼少期を振り返る体験談。幼少期に喘息で、発作がひどいときには3日間眠れないこともあったが、薬を飲んだことはなく、両親が浄霊(手かざし)で治してくれたとする体験談。そんな調子だ。

 2005年、堀洋八郎を教祖とする宗教団体「真光元(まこも)神社」の関連団体「次世紀ファーム研究所」(岐阜県)で、1型糖尿病を患っていた中学生の少女が亡くなった。関連会社が販売する「真光元」という健康食品や堀のパワーで「病気を治せる」と言われた母親と少女がそれを信じた。堀の能力に期待した少女自身が、インスリンを持たずに団体の施設に泊まることを決意し、母親もそれを尊重した。

 1型糖尿病はインスリン注射によって症状には対処できるが、治療法はないとされる。少女は痛みを伴う注射を1日に数回打たなければならなかった。低血糖状態に備えるため、学校にいるときでも飴を持ち歩き適宜なめる必要があった。これが学校でのいじめにもつながった。

 肉体的苦痛だけではなく、精神的にも、社会生活上も、負担が大きかった。少女自身も、もちろん母親も、この病気をなんとかしたいと考える中で「次世紀ファーム研究所」に出会い取り込まれてしまった。

 次世紀ファーム研究所の事件では、教祖は起訴すらされなかった。団体のスタッフだけが、過失致死では無罪、薬事法違反で有罪となった。両親が教祖らを訴えた民事裁判でも、裁判所は賠償を認めなかった。

 そして2015年、栃木県で全く同じ構図の事件が起こる。同じく1型糖尿病を抱えた7歳の少年について、自称祈祷師の建設業・近藤弘治がインスリン投与を中断するよう指示し、少年が亡くなった。

 このケースでは2017年、近藤被告に殺人罪で懲役14年6カ月の刑が言い渡されている。

 いずれのケースも、「医療ネグレクト」の部類かもしれない。しかしエホバの輸血拒否とは全く違う。親たちは信仰を子供の命より優先してはいない。治そうとしていたのに、宗教の教義や関係者の指導によって間違った方向に導かれてしまった。

 端的に言えば、宗教団体や指導者が親に子供を虐待させたのだ。それがさも子供の病気を治すための行為であるかのように、親や、ときには子ども自身にまで信じ込ませて。

◆「科学的」な装いを伴う医療カルト

「カルト」の基本的な定義は、「違法行為や人権侵害を行う団体」である。現実問題として、これらのうち特に宗教的なものや精神性の強い集団・人物の問題が、「カルト問題」として扱われている。

 子供への医療ネグレクトは児童虐待であり、子供への人権侵害だ。この点で言えば、親に医療ネグレクトを行わせる宗教は「医療カルト」と呼んでいいだろう。しかし、こと医療をめぐる問題では、宗教性だけではなく「科学を装う要素」が重要になる場面が多々ある。

 前出の堀洋八郎は、アメリカの「パシフィックウエスタン大学」で薬学博士を取得したと自称していた。この「大学」は米国において非認定のものであり、金を払えば公的には通用しない「学位」と称する称号をもらえる、「ディプロマミル(学位工場)」と呼ばれる。

 詐欺罪で有罪となり服役(すでに出所し活動再開)した「法の華三法行」の教祖・福永法源も、この「パシフィックウエスタン大学」から得たものとして芸術学や哲学の博士号を自称していた。

 堀は宗教の教祖として振る舞う一方で、こうした肩書により、さも医学や薬学の知識があるかのように装っていた。団体のスタッフには、看護師までいた。

 亡くなった少女は次世紀ファーム研究所の施設内で体調を崩すが、スタッフらはそれを「好転反応」だと母親に説明した。

「好転反応」という用語は、同団体に限らず民間療法や健康法の「業界」でしばしば使われる。その療法を受けている最中に病状が悪化することを、快方に向かうプロセスなのだとする理屈だ。逆に言えば、「具合が悪くなるということは、この治療法が効いているということ」になる。

 これを科学だと主張するかどうかは団体・療法によって異なるが、いずれにせよ、非科学的な因果関係をさも客観的な理論であるかのように装うレトリックだ。「宗教」のようでもあり、「ニセ科学」のようでもある。これが、病状悪化時の医療の必要性についての判断を誤らせる。

 この「好転反応」の論理によって、次世紀ファーム研究所内で体調を崩した1型糖尿病の少女は病院に搬送されることなく、119番通報がなされたのは呼吸停止に陥ってからだった。

 MC救世神教も、手かざしでの病気治しを「科学」だと主張する。すでに削除されたが、MC救世神教のウェブサイトには、1954年に書かれた岡田茂吉のこんな文章が掲載されていた。

〈私は医学は非科学であるというのである。(略)要するに現代医学は根本が不明である為合理性がない低科学である。これに反し浄霊医術は合理的高度の科学であり、未来の科学である〉

 信者の体験談の中にも、こんなものがあった(これもすでに削除)。1歳8カ月の次男が突然、意識を失い呼吸停止になったという母親信者の体験談だ。

〈まもなく次男の頭から多量の汗と白い湯気のような煙が出て、小さな声で呻(うめ)いて泣き出しました。しかし、それまでの2〜3分程の時間が、私にはとてつもなく長く感じました。
翌日、教会へお礼参拝に上がりました。会長先生に報告させていただくと、頭から出た湯気のようなものは、頭の毒素であると教えていただきました。
その後も次男は40度を超える高熱が出て、白い湯気を何度も出しました。〉

「好転反応」という言葉は出てこないが、呼吸停止した子供を病院に連れて行かず「浄霊」を試み、明らかに高熱を発していると見るべき「白い湯気」を、毒素が出ていく良い傾向であるかのようにとらえている。

 そもそも教祖・岡田茂吉は、病気全般を身体が体内の毒素を浄化するための反応であり、それに伴う苦痛が一般に病気と呼ばれているものである、とする趣旨の文章も発表している。言ってみれば、全ての病気は「好転反応」だとするかのような発想だ。

 しかし仮にそれを信じるとしても、幼い子供の高熱は後遺症が残ることもありうるし、呼吸停止に至るほどの病状なら当然、命の危険がある。「毒素が出ている最中だ」と喜んで放置していいはずがない。

 信者に「浄霊=手かざし」こそが科学であり病気を治せると信じさせ、信者の膨大な体験談を掲載することによって、それを実践することには効果かがあり尊い行動であるかのように煽る。これが、三重県で麻疹の集団感染をひきおこしたMC救世神教だ。

 同じく世界救世教の分派である前出の新健康協会のウェブサイトにも、やはり岡田茂吉の文章が掲載されている。「霊的医術」と題する1943年発表の文章で、自らの病気治しをこう説明している。

〈然るに、私の医術においては、右の如き観念の援助は更に要らないのであるから、宗教化するという必要がないのみか、前述の如き幾多の不利があるのである。故に私はあくまで科学を以て自認し、科学として世に問わんとするのである。即ち未来の科学、最尖端科学として、日本人によって創始せる世界的医術たらしめん事を期するものである。〉

 本来、浄霊は科学なのであって宗教化する必要はないのだとまで力説している。

◆宗教だけではない医療拒否、反ワクチン

 宗教を標榜してはいない民間療法でも死者が出ている。

 ホメオパシーは、症状の原因となる物質(とホメオパシーにおいて信じられている物質)を水で希釈し、それを染み込ませた砂糖玉(レメディーと呼ぶ)を飲むことで、その症状を解消・軽減できるとする民間療法だ。原料となる物質は100倍希釈を10〜30回も繰り返すため、理論上、レメディーにはその物質の分子が1つも含まれていないと言われる。当然、その効果は科学的に否定されている。

 2009年、生後2カ月の女の子がビタミンK欠乏性出血症と診断され、その後、亡くなった。ホメオパシーを信奉する助産師が、本来乳児に経口投与すべきビタミンKを投与せず、ホメオパシーのレメディーを与えていた。

 両親が助産師を相手に裁判を起こすと、複数のメディアが報じた。中でも朝日新聞が本紙とウェブサイトの双方で、この問題を熱心に報道した。日本学術会議が〈科学的な根拠がなく、荒唐無稽〉とする会長談話を発表し、医療現場からの排除を主張した。その翌日には日本医師会と日本医学会の両会長が連名で〈全面的に賛成〉とする声明を発表した。

 前述の助産師が所属していた「ホメオパシー医学協会」は、いわゆる「反ワクチン運動」も展開している。その系列団体の反ワクチン活動家であることを隠して富山市議会議員に当選した、上野ほたる氏のような反ワクチン政治家もいる。

『[断薬]のススメ』などの著書がありワクチンも批判する医師・内海聡氏は昨年、政治団体「日本母親連盟」を設立し顧問に就任。今年の統一地方選と参院選での議席確保を狙うとしている。ホメオパシー医学協会の由井寅子会長は、これを支持するメッセージを寄せた。

 由井氏も、同協会のウェブサイト上で「好転反応」の存在を主張している。

〈試練の一つとして好転反応があります。好転反応というのは、ホメオパシーで使われるレメディー(砂糖玉やアルコール溶液)の刺激を受けて自己治癒力が発動し、体から体毒(老廃物)の排泄が始まることをいいます。〉

 また由井氏の有名なセリフに「病気はありがたい」というものがある。『予防接種トンデモ論 病原体はありがたい!子どものかかる病気はありがたい!』(ホメオパシー出版)というタイトルの著書まである。由井氏は、自らが学長を務める「ホメオパシー統合医療専門学校」のウェブサイトで、こう書いている。

〈病原体の感染による急性病も、自然がなす同種療法で、病原体は自己治癒力を触発するレメディーと同じ役目であり、もし老廃物が体内に溜まっていなければ、病原体が増殖することもなく症状が酷くなることもないのです。そういう意味で病原体も子どものかかる病気も、老廃物を排出へと導いてくれるありがたいものなのです。もちろん、急性病のときは、ホメオパシーのレメディーを使うことで治癒を加速し排泄をスムーズにしてくれるのでどんどん利用されるとよいでしょう。〉

 由井氏の論法は、前出の岡田茂吉によく似ている。

 ホメオパシーを日頃の自然治癒力を高める等のためではなく明確に「急性病」への対処法として推奨している点も、恐ろしい。どう考えても医療上の「手遅れ」を招く考え方だ。

◆麻疹拡大はある意味「テロ」かもしれないが……

 MC救世神教の麻疹集団感染をめぐっては、感染した若い信者の1人が大阪の京セラドームでAKB48の握手会に参加したことが判明した。行政だけではなくAKB48の公式サイトでも握手会のほかの参加者たちに注意を呼びかけ、その報道が注目された。ネット上ではこの若者を「テロリスト」呼ばわりする声もあった。

 しかし、その若者本人も、その若者にワクチンを接種させずにいた親すらも、人に害をなそうなどと考えてはいなかっただろう。親は、子供が麻疹にかかっても構わないとも考えていなかったはずだ。MC救世神教の教義では、それらはすべて手かざしで解決できことになっているのだから。

 オウム真理教の場合、ポア(魂をより高い世界へと救い上げる→殺す)という独特の教義やグル(指導者)への帰依など、信者にテロを実行させる至った様々な宗教的な装置があった。しかしそうは言っても、サリンを撒けば人が死ぬということを実行犯たちが知らなかったわけではない。

 しかしMC救世神教の場合、ワクチンを接種しなくても害はないと信じている。これは「テロではない」のか、それとも「自覚なきテロ」なのか。

 どちらとも言えそうだが、現実問題としては後者として捉えたほうがいいのかもしれない。稀なことではあるだろうが、宗教ではこのように、悪意どころか加害の自覚すらない「事実上のテロ」が起こることがある。

 詳細は省くが、数年前、別のあるカルト宗教で、「エボラ出血熱の感染者を日本に入国させ、騒ぎになったところで教祖の能力で治して見せれば教団の宣伝になる」という計画が浮上したと耳にしたことがある。教祖が却下したため実行に至らなかったというから、これが事実なら、その教祖や幹部たちは、教祖の病気治し能力に自信がなかったのだろう。

 能力の限界を自覚しているインチキ教祖がリーダーシップを発揮すれば、この手の無自覚テロは起こらない。本気で信仰している真面目な宗教集団ほど危険だと言える。

 ただし注意したいのは、こうした宗教によって「事実上のテロ」が起こるとき、実行させられる信者たちもまた、それが正しいこと(あるいは無害な行為)だと信じ込まされている犠牲者だという点だ。ましてや2世信者の場合、麻疹ワクチンの接種がなかったのは本人の意思ではない可能性が高い。

 この場合、たとえ「事実上のテロ」であったとしても、個々の信者はやはり「テロリスト」ではない。責めるべきは個々の信者ではなくMC救世神教だろう。

◆根底にある医療拒否にこそ目を向けるべき

 医療拒否の中でも、他人に感染するたぐいの感染症ワクチンの拒否は、教義を信じておらずその宗教集団と接点すらない人々にまで害をなす。公衆衛生の観点から言えば、MC救世神教について「ワクチン」という側面に注目が集まるのは当然だ。

 しかしそれだけでは、MC救世神教の根底にある医療拒否の危険性を正しく認識することはできない。MC救世神教のワクチン拒否は飽くまでも、医療全般への否定の一端だ。仮にMC救世神教がワクチンについてだけ保健所の指導等に従ったところで、いつ死者が出てもおかしくない宗教団体であることに変わりはない。

 手かざしや砂糖玉では、人は死なない。医療を拒否する・させるから悲劇が起きる。カルト問題に取り組む山口貴士弁護士は、この点についてこう語る。

「ワクチンや医療が毒だと言うなら、医療を受けた上でその毒を手かざしや砂糖玉で消せばいい。それなら信仰と医療は両立できます」

 もちろん、当事者の感情はそう簡単には片付かないだろうし、そもそも効果のないものをあるかのように謳って人々に信じさせる行為自体が問題だ。しかしそれはそれとして、当事者たちがせめて医療を拒否しない・させないようになることが、最重要の課題だろう。

 MC救世神教の集団感染問題は、ワクチンにとどまらずこうした点を考えなければ、有益な議論や教訓にならない。

※参考文献:『カルト宗教事件の深層 「スピリチュアル・アビューズ」の論理』(藤田庄市、春秋社)

<取材・文・写真/藤倉善郎(やや日刊カルト新聞総裁)・Twitter ID:@daily_cult3>
ふじくらよしろう●1974年、東京生まれ。北海道大学文学部中退。在学中から「北海道大学新聞会」で自己啓発セミナーを取材し、中退後、東京でフリーライターとしてカルト問題のほか、チベット問題やチェルノブイリ・福島第一両原発事故の現場を取材。ライター活動と並行して2009年からニュースサイト「やや日刊カルト新聞」(記者9名)を開設し、主筆として活動。著書に『「カルト宗教」取材したらこうだった』(宝島社新書)

関連記事(外部サイト)