液体ミルク解禁に「愛情不足」と筋違いな批判。苦労を押し付けて誰が幸せになるのか?

液体ミルク解禁に「愛情不足」と筋違いな批判。苦労を押し付けて誰が幸せになるのか?

液体ミルク解禁に「愛情不足」と筋違いな批判。苦労を押し付けて誰が幸せになるのか?の画像

 2019年3月、日本で初めて乳児用液体ミルク(以下、液体ミルク)の発売がスタートした。

 粉ミルクをお湯に溶かす必要がなく、開封してすぐに乳児に与えられる。日々の育児の助けになるほか、お湯が手に入りにくい災害時に役立つ。国内では、2016年の熊本地震で使われたこともある。

 以前から要望が強かっただけに、ネットでは販売開始を歓迎する声が多い。だが「子育てで楽をしすぎだ!」といった批判も寄せられている。

◆常温保存で賞味期限は6か月 開栓してすぐに飲ませられる

 日本では粉ミルクのみ販売が許可されていたので馴染みがないが、液体ミルクはアメリカやイギリス、フィンランドなどでは店頭に並んでいる。

 日本で液体ミルクの販売ができなかった理由は、そもそも安全性の規格がなかったためだ。だが市民団体や保護者からの要請もあり、2018年夏に法が改正。製造基準が設定され、販売開始に至った。

 3月時点では、江崎グリコが製造・販売をしている。同社の資料によると、125ミリリットルで200円(税別)。賞味期限は約6か月で、常温保存できる。ドラッグストアのほか、オンラインストアで購入できる。衛生面から、開栓したら飲み切る。明治も4月下旬から全国で発売する予定だ。

 液体ミルクの手軽さは、開封してすぐに使えること。このメリットは大きい。一方、粉ミルクは、次のような調乳の手順を踏まなければならない。

・必要量の粉ミルクを専用スプーンで哺乳瓶に入れる(筆者が使っていたのは一杯で20ミリリットル分だった)

・熱湯で粉ミルクを溶かし、溶け残りがないように混ぜる

・哺乳瓶に水をかけ、適温までミルクを冷ます(もしくは、あらかじめ用意した冷まし水を加えて冷ます)

・子どもに与える

 対して液体ミルクはといえば、

・開ける

・飲ませる

と、その差は歴然だ。

◆粉ミルクだと熱湯と冷まし水を持ち歩かなければならなかった

 調乳プロセスが多少面倒でも、1日に1〜2回なら我慢できる。しかし、ミルクをたくさん必要とする新生児期には、1日に10回近く授乳することもある。このうち全てでなくても、体が辛い時や夜間の授乳を液体ミルクで行えたら、親の負担は軽くなる。

 筆者も夜間の授乳はきつかった。ミルクを求める子どもの泣き声で起こされ、眠気まなこをこすりながらキッチンでミルクの準備をした。

 外出時には、熱湯と冷まし水をそれぞれ水筒に入れて持ち歩き、ミルクを求められれば、駅のホームや公園のベンチで粉ミルクを調乳して子どもに与えた。ショッピングセンターによっては赤ちゃん用スペースに調乳用のお湯が出るところがあるが、すべてではないため、持参する必要があったのだ。

 液体ミルクがあれば、そんな苦労がなくなるし、荷物も軽くなる。液体ミルクの販売解禁のニュースが流れると、ネットでは「自分の子どもたちが乳児の頃にあったら、どんなに楽だったか」「外出時に便利」など歓迎ムードが漂った。

 子育て経験者の筆者も液体ミルクに大賛成だ。もし新生児期の大変な時にあったら、どんなによかっただろうか。精神的にゆとりが持てたはずだ。冷静に考えれば、あらゆるものが便利になる時代に、なぜ粉ミルクしかなかったのか疑問だ。

◆苦労しないと親になれないのか?

 しかし一部からは辛口な意見も出ている。批判の内容はこのような感じだ。

「手抜きだ」

「愛情不足で子どもがかわいそう」

「私たちの頃は、大変な思いをした」

「ネグレクトにつながる」

 スマホ育児や手軽なベビーフードに対しても、しばしば不寛容な意見が寄せられる。「苦労して子育てして一人前」「親ならそれくらいの手間は覚悟しておくべき」と言わんばかりだ。

 確かに、手がかかった経験、戸惑った経験が子どもへの思い入れを強めることはあると思う。筆者も「あの時の辛さがいい思い出になった」と感じることはある。

 だが、苦労を美徳化し、その価値観を他人に押し付けるのはいかがなものだろうか。「自分が苦しんだからあなたも同じように苦しめ」という発想は、誰も幸せにしないと思うのだ。

 子育てのしやすさは、子どもの体質、両親の年齢や体力、職業、家庭の経済力、実家の援助の有無など、家庭環境によって事情は異なる。ある人にできても、別の人ができるとは限らない。

◆親がリラックスして子どもに向き合う選択がベストだと思う

 ひとつの命を育てるのは生半可なことではない。親として感じる責任や緊張、生活の変化で気持ちのゆとりはあっという間になくなってしまう。

 筆者の妻は長男出産後まもなく、プレッシャーから心身のバランスを崩した。妻に療養してもらいながら筆者が中心となって子育てをしたが、目の前のことに必死になりすぎて記憶が抜け落ちるくらいだった。

「離乳食は手づくりがいい」

「スマホやタブレットはダメ」

「母乳が一番に決まっている」

 それらの意見をいちいち聞いていたら、頭がおかしくなる。

 筆者はベビーフードをフル活用したし、スマホやテレビにたくさん頼った。周りが無責任に振りかざす正論に従った結果、子どもにイライラして接するより、リラックスして子どもに向き合う方がよほどいいと筆者は思う。

 仕事ではスマホ、パソコン、家事では掃除ロボットや食洗機など、私たちの生活はさまざまな便利ツールが支えている。子育てでも同じことをしていいし、そうすべきだろう。

 液体ミルクのような便利な商品が出てきたとき、「楽をしてダメだ!」と息巻くより、「いいものができたね!これで子育てが楽になるね!」と自然と言える社会になってほしいと願うばかりだ。

【文/薗部雄一】

1歳の男の子を持つパパライター。妻の産後うつをきっかけに働き方を見直し、子育てや働き方をテーマにした記事を多数書いている。

関連記事(外部サイト)